【Babolat】ピュアアエロVS 2020の使用感・評価・レビュー【スピン系】

基本スペック

ラケット名 ピュアアエロVS
モデル 2020
メーカー Babolat
フェイスサイズ 98インチ
重さ 305g
バランス 315mm
ストリングスパターン 16/20
推奨レベル 中上~上級

使用感・性能まとめ

タイプ スピン系
打感 やや硬め
反発力(最大10) 6
ショットスピード(最大10) 5
スピン性能(最大10) 9

ショット別ラケットレビュー

サーブ

Point
  • 強い引っ掛かりを感じスピンサーブのかかりがとてもいい
  • キックの曲がり、スライスの曲がりもかなりいい
  • フラットサーブはしっかり振れる人でないとしんどい

ストローク

Point
  • スピン性能はそのままに飛ばなくなったピュアアエロ
  • 高いバウンドよりもノビの良さが特徴
  • 回転量で深さを調節できる人におすすめ

ボレー

Point
  • 打感は結構かため、かつ飛びもおさえめ
  • スライスタッチの軌道の低さが〇
  • たたいたときのおさまりの良さが〇

タッチ

Point
  • 基本的に飛び抑え目なので弱のコントロールは悪くない
  • ただ深さを出すなら結構押す必要あり
  • 乗り感もあるがそんなに強くはない

おすすめガット3選

ポリエステルガット

  • ポリツアーファイア
  • RPMブラスト
  • G-TOUR 1

ナイロンガット

  • X-ONEバイフェイズ

 

比較ラケット3選

  • ピュアアエロ
  • ピュアドライブVS
  • ピュアストライクVS

総評:スピンのかかりは健在で飛びを抑えた競技モデル

ピュアアエロのスピンの良さはそのままに、飛びを抑えて振りぬいても安心感がある競技指向モデルとなっています。

逆にしっかり振れないと思うようにスピンがかからないので使用ハードルはピュアアエロよりも高め。

 

全体的におさまりがいいので、ピュアアエロだとどうにも収まりが悪いと感じる人には特におすすめです。