【HEAD】GRAVITY PRO 2021の使用感・評価・レビュー【フラット系】

基本スペック

ラケット名 GRAVITY PRO
モデル 2021
メーカー HEAD
フェイスサイズ 100インチ
重さ 315g
バランス 310mm
ストリングスパターン 18/20
形状 ボックス
推奨レベル 上級
おすすめの方 筋力のある男性向け
発売日 2020/01

使用感・性能まとめ

タイプ フラット系
打感 硬め
反発力(最大10) 3
ショットスピード(最大10) 4
スピン性能(最大10) 5

前作との比較

前作よりもグッと乗る感じが強くなり、引っかかりよりも面を転がってスピンがかかる感じが強いです。

前作のほうが引っ掛かって弾いてスピンをかけるのでややラウンドに近い感覚、

今作のほうがグッと乗って飛ばす感覚が薄ラケボックス系の感覚になっているので、

ある意味見た目とのギャップが埋まったように感じます。

ショット別ラケットレビュー

サーブ

Point
  • フラットサーブの打感が〇
  • スピンも引っかかりが良くノビ〇
  • スライスは曲がりが△

ストローク

Point
  • 乗って飛ばす感じが強い
  • 面の上を転がるスピンのかかりがいい
  • スピンは収まりよくノビがある
  • 飛びと収まりの良さがフラットドライブ向き

ボレー

Point
  • 乗り感が飛びとコントロール性が〇
  • フレームの薄さの割に深さが出しやすい
  • 面の安定感は△

タッチ

Point
  • 厚く当ててもスライスタッチも感覚〇
  • 飛ぶけど乗ってから飛ばす感じでコントロール〇
  • 振られた時の球際は100インチにしては厳しい

おすすめガット3選

ポリエステルガット

  • RPMパワー
  • ポリツアープロ
  • 4G

ナイロンガット

  • X-ONEバイフェイズ
  • エアロンスーパー

比較ラケット3選

  • VCOREPRO 97
  • INSTINCT MP
  • BEAST 100

総評:見た目とのギャップ激しいラケット

スペック的にはコントロール重視の薄いグリップ向けラケットの感じがしますが、

厚くスピンをかけて振っていけるアグレッシブなラケット。

 

軌道を上げてグリグリスピン系メインならTOUR、フラットドライブで直線的な軌道ならPROがおすすめです。