Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

webライターとは?仕事内容・始め方・稼ぎ方を専業ライターがご紹介します

webライターって名前だけ見るとかっこいい!

家で仕事できそうで楽そう!

と思う人もいると思います。

 

そこで今回は現役webライターの筆者が、

webライターの仕事内容についてまとめました!

webライターの仕事内容

webライターはネット上の記事を書く仕事です。

依頼を受けて、サイト上に掲載する記事を書きます。

 

みなさんもgoogleで調べ物をすると思いますが、

検索をしたときに出てくるサイトの文章の多くがwebライターによって書かれています。

 

記事の種類はニュースやコラム、オピニオン、インタビュー、メルマガ、

ブログの記事などがあります。

 

特に資格も必要がなく知識があれば誰でも始められるのが特徴。

一方で誰でも始められるので稼げるようになるには専門性や読ませる文章を書く必要があります。

webライターはどこで働く?

企業に所属して専属ライターとして働く

企業に正社員として所属してライターとして活躍するのがまず1つあります。

最近では自前のメディアを持つ会社も多く、大手の企業でもライター職を募集してたりもします。

 

新卒で募集してることは非常に少ないですが、

中途やアルバイトからのスタートで募集している企業は多いです。

 

正社員としてwebライターになりたいのであれば、

未経験可の企業を探すか、アルバイト、もしくはクラウドソーシングなどで

経験を積んでから正社員の採用試験を受ける人が多いです。

フリーライターとして働く

webライターとして多いのがフリーライターとして働いている人です。

企業が自前のサイト上でライターを募集していれば応募して案件をとったり、

クラウドソーシングで案件に応募して仕事をとります。

 

人気ライターになるとSNSや自前のブログに執筆依頼がくることも。

 

フリーのwebライターは稼げる稼げないを除いてパソコンで文章が打てれば誰でもすぐにはじめられます。

はじめるのは簡単ですが稼げるのは一握り。

 

フリーライターだけで生活できる人はほんの一握りで、

多くは副業でwebライターをしている人が多いです。

 

始めやすい分初めての副業や在宅ワークとして人気があります。

副業として在宅ワークで働く

フリーライターはライター業だけで生活しているイメージですが、

会社員、主婦の副業、在宅ワークとしてwebライターをしている人が多いです。

 

空いた隙間時間でもできるので、初めての副業・在宅ワークとして人気があります。

 

webライターの収入について

webライターは誰でも始められる分、稼ぐのが難しい仕事です。

稼げるようになるには、

  • 専門的、もしくは詳しい得意分野がある
  • とにかく量をこなす
  • とにかく早く納品する

などの方法があります。

得意分野があれば収入も増える!

webライターとして稼げるようになる1版の方法は、

「得意、もしくは専門的な知識があること」です。

 

書いた文章は読まれないと意味がないですし、

多くの人の目につくgoogle検索の順位をあげるには専門性が重要になります。

 

専門性といってもプロとか専門家とか教授とか研究者である必要はありません。

趣味でそれなりに知ってるとか仕事とかで詳しくなったでもかまいません。

 

もちろん肩書きの強い専門家の方が依頼は来ますし仕事の単価も上がります。

ですがwebライターで大切なのは文章の読みやすさです。

 

専門家が必ずしもユーザーの読みやすい文章をかけるとは限りません。

むしろ専門用語ばかりで読みにくくなることもしばしば。

 

専門的な内容を読みやすく書くのがwebライターの仕事で、

人気ライターの記事ほど簡単・簡潔で非常に読みやすいです。

 

まずは知識のある分野からライターを初めて、

そこから新しい分野に挑戦するのがおすすめです。

タイピング速度があれば効率が良くなる!

webライターは正確性、文章の内容はもちろん、

納品が早く多くの記事を納品してくれる人ほど仕事の依頼が来ます。

 

webライターの多くは案件を掛け持ちしていますので、

週に1つの納品先に複数の記事を納品できる人は意外と少ないです。

 

そこに週何本も納品してくれたら企業側も多く発注してくれますし、

記事の単価もあげてくれます。

 

早く多く記事を納品するにはタイピングの速度も大切。

暇な時間を見つけてタイピングの練習をするのがおすすめです。

webライターに必要な知識・スキル

文章力・表現力・伝える力

webライターは読んでくれる文章を書くのが仕事なので、

当然文章力があるほうが依頼も増えます。

 

情報を正確に伝える、知りたいことをわかりやすく表現する、

読みやすく、ためになる文章をかける人は、webライターの中でも意外と少ないです。

 

表現力は同じ意味でも伝えやすい言葉や文章にするだけでなく、

専門用語をできるだけ使わないで優しく伝えるためにも重要になります。

 

文章力・表現力・伝える力ががある人はwebライターとして活躍できるでしょう。

 

ただ、最初はそんなのない人がほとんど。

とにかく数をこなすうちに身についてくるので安心してください。

コミュニケーション力

webライターにコミュニケーション力なんているの?と思うかもしれませんが、

依頼主の意向を正確に汲み取って、求めている記事を書くためにはコミュニケーション力が欠かせません。

 

こんな記事を書いて欲しいと発注しているのに、

全く的外れな内容を書いたらまた書いて欲しいとは思われませんよね。

 

記事を書いていく中で随時内容のすり合わせをしますし、

納品した記事の修正について話したりもするので、

話すのが苦手な人がwebライターをやると苦労すると思います。

情報を集める・まとめる力

記事を書くにはネットや本、インタビュー記事なら話の内容をまとめるなど、

情報を集めたり整理する、まとめる力がwebライターには求められます。

 

すでにある情報をまとめるだけなら誰でもできます。

読みやすく正確な内容にするライティングがwebライターの仕事です。

そのためには情報の取捨選択が大切です。

 

世間で話題のニュースやSNSのタイムリーな情報まで様々なアンテナを張る必要もあります。

 

情報に敏感な人はwebライターに向いていると言えます。

SEOの知識

webライターが書いた記事は検索エンジン(googleなど)などで、

上位表示した方がより多くの人に記事を読んでもらえます。

いい記事を書いても見つけてもらわなければ意味がないですよね。

 

紙媒体とwebのライティングはここが大きな違いで、

SEOで上位表示できるような記事をかける人ほどwebライターとしての実力があるということになります。

 

検索エンジンで上位に表示するためにはSEOを意識した記事を書く必要があり、

SEOの知識があるwebライターは非常に重宝されます。

 

SEOを意識するのとしないのでは文章の内容、表現の仕方も変わります。

webライターを目指すのであればSEOの知識は必須と言えます。

wordpress(ワードプレス)の使用経験・知識

webライティングの仕事でワードプレスに直接入稿してほしいという依頼も多くあります。

ワードプレスの仕様経験、知識があると、仕事の幅が広がります。

 

ライターの中には自分のブログをワードプレスで作ってそこでライティング経験を積む人も多いです。

 

自分のブログがあれば執筆例としてクライアントに提示もできますので、

webライターとして活動するのであれば、ワードプレスでブログを作っておくといいでしょう。

HTML・CSSの知識があればよりいい

必須ではありませんが記事の表現の幅を広げてくれる

HTML・CSSの知識があれば執筆の幅が広がります。

 

文章は書けてもHTML・CSSの知識も持っているwebライターは意外と少ないです。

HTML・CSSの知識があればより見やすい記事を書くことが可能ですので、

勉強しておくのもいいですね。

webライターに向いているのはこんな人!

Point
  • 文章を書くのが好き
  • インプット、アウトプットを苦にしない
  • 疑問はすぐ調べる、調べるのが好き
  • 世間の動向に敏感
  • SNSをよく使う
  • 新しい物を勉強するのに抵抗がない
  • 最初時給換算10円とかの世界でも頑張れる

 

このような人はwebライターに向いています。

ただ文章を書くのが好きというのは趣味程度でちょっと書くのではなく、

1日何千〜何万文字も書くのを苦にしないレベルの人です。

 

どのくらい稼ぎたいかによって文章量は変わってきますが、

それなりの収入が欲しいのであれば、1記事2〜5,000文字は書く必要があります。

 

この文字数を1日でかけるようになればwebライターとして生きていく道も見えてくるでしょう。

 

最初は時給換算すると数十円〜数百円と、アルバイトしたほうが稼げるじゃん!

と思うレベルで稼げません。

 

この世界を耐えて乗り切れる人でないとwebライターとして活躍するのは難しいでしょう。

まとめ

以上、webライターについてまとめてきました。

ここまで書いてきてあれですが、正直webライターは筆者が始めた時よりも人数も増えて、

かなり飽和状態でもあります。

 

1つの案件に何人ものライターが殺到するので、仕事が取りにくくなってるのも事実です。

 

もし、これからwebライターを目指すのであれば、強い専門性があるか、

根気強く案件をとって量をこなす粘り強さが必要になります。

 

最初はただでさえ単価も低く稼げないですが、

継続的に案件をくれるクライアントや高単価の案件を取れるようなれば、

稼ぎも一気に大きくなります。

 

簡単に始められますが続けるのは難しいwebライター。

これからwebライターを目指している人の参考になれば幸いです。