【2019年最新】おすすめの貯金の仕方・貯める方法・コツ・テクニックまとめ【貯金歴10年】

貯金っていざはじめてもなかなか続かないですよね。。。

そこで今回はかれこれ10年は貯金が続いている筆者が、

貯金の方法、コツについてご紹介します。

貯金の入り口は月の支出を知ることから

毎月できる貯金の金額は、毎月の支出を知ることからはじまります。

 

  • 水道光熱費は合計1万円くらい?
  • カードで買い物するからいくら使ってるかわからない

 

支出がざっくりしているようでは貯金は貯まりません。

1円、10円単位までとはいいませんが、

100円単位で支出を把握できるようにしましょう。

月の支出を全部書き出す

毎月の支出の種類、金額を全部書き出してみましょう。

水道光熱費などは直近のもので大丈夫です。

 

書き出したら

  • 固定費
  • 変動費
  • 急な出費
  • 余ったお金(これが貯金できるお金)

にわけてみましょう。

 

お金が余らない人は固定費や変動費の見直しが必要です。

大きい出費は立ち止まって考える

まとまった金額の買い物をするときは買う前に一回立ち止まって、

「本当に買っていいのか」

と考えてみましょう。

 

そこで迷いなく「必要・欲しい」と思えるなら買うべき。

迷いが出るなら今必要なものではありません。

 

貯金をしたいのであれば「物欲」のコントロールは欠かせません。

特に大きい出費をポンポンしないことが大切です。

貯金したい目標金額・目的を決める

なんとなくの貯金はまず長続きしません。

 

  • 買いたいものがある
  • 旅行のために貯金したい
  • 少額でもいいから将来に向けて

 

貯金をしたいと思うからには何かしら使いたいことがあると思います。

貯金目標を明確にするかしないかで続くかが大きく変わります。

 

貯金するときはざっくりでもいいので目標金額、目的を立てましょう。

貯金をする・続けるためのコツ・テクニック

最初に貯金してからお金を使うクセをつける

貯金の大前提は「貯金のお金を抜いてからお金を使う」です。

給料が入ったらまず貯金に回すお金を最初に抜きましょう。

 

「給料入ったからパーっと呑みに行こう!」

の前に一歩踏みとどまってくださいね。

普段使わない銀行で口座をつくる・つかう

近くに支店があるなど、普段使う銀行以外の銀行口座をつくって

貯金用として使うのがおすすめ。

 

近くに支店がない銀行であれば、そもそも下ろしに行くのがめんどうで

使ってしまう心配もありません。

(コンビニは手数料もかかって無駄なのでつかわない)

 

めんどくさいで貯金を継続しましょう。

お金を袋に小分けして管理する

食費、交通費、外食費、生活費など、支出の項目ごとに封筒や袋をつくり、

その中でやりくりする方法です。

支出の見える化にもつながるので、管理しやすいのがメリット。

 

袋の中で完結、袋同士で補充や貸し借りはしないのがポイント。

したら分ける意味がありませんからね。

 

支出をしっかり管理することも貯金するには大切なことです。

何に使ったかわからないお金は絶対発生することを知る

どれだけ支出を細かく丁寧に管理しても、

多少は何に使ったかわからないお金は発生します。

 

けどこのお金の原因を考える方が疲れるので、

最初から多少は原因不明のお金は発生する、と思った方が

楽だし貯金も続きます。

 

目安は収入の1〜2%くらいであれば見逃していいと思います。

このお金が多すぎるのは問題なので注意しましょう。

臨時支出のお金をつくっておく

原因不明のお金とあわせて、急な出費に備えて自由に使えるお金を用意しておきましょう。

 

急な飲み会、病院代など、

突発的に発生するお金は必ずあります。

 

発生するなら最初に急な出費用のお金を用意しておいた方がいいです。

その月に急な出費がなく使わなかったのであれば、

貯金に回してもよし、ご褒美においしいものを食べてもよしです。

 

大切なのはあらかじめ用意しておくことです。

貯金をコツコツ貯める方法

500円玉貯金などの小銭貯金

500円玉貯金や100円玉貯金など、小銭を貯金するのは鉄板です。

財布に500円玉があったら貯金箱に投入するようにしましょう。

 

だんだん貯金のために500円のお釣りが出るようにお金を使うようになって、

コツコツとではありますが、貯金が溜まっていきますよ。

 

ポイントは小銭はごちゃ混ぜにしないこと。

500円貯金なら500円玉だけ入れるようにすると、

溜まっている量がわかりやすいのでモチベーションも上がりますよ。

外食我慢貯金

外食は貯金の最大の敵です。

特にキケンなのが日常的に外食をするのがクセになっていること。

 

外食を控えておにぎりやレトルト、冷食など、

簡単でもいいから家で食事をするようにするだけで

結構な金額になります。

 

筆者も気がつけば自炊にはまって結構料理するようになりました。

料理スキルもついて、貯金も貯まって一石二鳥です。

 

本来外食で使う予定だった分のお金、

我慢できた分を貯金箱に投入しましょう。

カフェマネー・お茶マネーは無くそう

ちょっと一息つこうかなーとすぐにスタバやカフェに入ってませんか?

なんとなくで飲むそのコーヒー、実は結構無駄な出費なんです。

 

カフェで一杯500円のコーヒーも、家で飲めば50円以下。

飲み物代と思ってポンポン使っている人も多いはず。

 

週1〜月1くらいの気分転換くらいならいいかもしれませんが、

本気で貯金したいのであればカフェマネーはできるだけ減らしましょう。

新札・新貨幣貯金

新札やきれいな小銭が財布に入っているとなんか使いたくない・・・

そう思う人もいると思います。

 

せっかく綺麗なお金、使わずに貯金箱に取っておいてはどうでしょうか?

綺麗なお金が入っていたらそれを貯金する、というルールで貯金するのもおすすめ。

 

新札、新貨幣をつかってでもほしい!と思ったものに使うようにすれば、

貯金もはかどりますよ。

自炊・宅飲み貯金

お酒が好きな人は外で飲む回数を減らすコトが貯金には大切。

その分家でお酒を飲むようにしましょう。

 

浮いたお金を貯金に回すと結構な金額。

多い人では月1万円貯金できるお金が増えたなんて人も。

 

居酒屋に行くとついあれもこれもと頼んでしまいがち。

貯金をしたいのであれば家呑みに切り替えていきましょう。

給料天引き貯金(自動積立・積立貯金)

給料が入って最初に貯金してからお金を使う、

貯金をする上で大切なコトですが、なかなか続けるのは難しいもの。

 

そこで給料が入ったら銀行口座で自動的に天引きをしてもらうサービスを利用しましょう。

 

ゆうちょ銀行の自動積立定期預金や各銀行が取り扱っている積立預金を使えば、

毎月決まった金額を定期預金に引き落としてくれるので、

言ってしまえば何もしなくても貯金が貯まっていきます。

 

定期にすれば解約するとお金がかかる分、使い込んでしまうこともないですし、

金利が多少上乗せされて貯金が増えやすくなります。

1ヶ月33日生活

1ヶ月の生活費を33日にわけてやりくりする節約方法。

毎月33日分の生活費を使い切ってから次の33日分を用意するのがポイント。

 

毎月33日あるとして食費や生活費を用意すると、

33日×11ヶ月で363日とほぼ1年分になります。

 

実際は12ヶ月で1年ですから、1ヶ月分の食費や生活費がまるまる貯金できるというわけです。

毎月コツコツ溜まって行くわけではありませんが、

年末にどかっと貯金が増えるのでちょっと得した気分になりますよ。

断捨離・不用品を売って貯金

身の回りにある不用品を売ってお金にして貯金する方法。

ポイントは1年以内に使った記憶がないものはどんどん処分すること。

 

片付けられない人はよく

「いつか使うかもしれない」と言いますが、

そのいつかのために保存している場所にも場所代というお金がかかっています。

 

それを処分すればその場所に別の価値が生まれるのです。

いつか使うのであれば、必要になったタイミングで買えばいいのです。

 

無駄なものはどんどん売って貯金に回しましょう。

貯金が貯まるだけでなく、断捨離も進んで家の中もキレイになりますよ。

貯金をガツガツ貯金する方法

転職して収入を増やして貯金

貯金増やすために収入も増やそうという作戦です。

今の仕事に不満を持っている人であれば特におすすめ。

キャリアアップやスキルアップも狙えます。

 

貯金としてすぐに成果につながるわけではありませんが、

長い目でみるなら一番貯まる方法でしょう。

【学歴なし】初転職・転職回数多くても内定10社で転職できた!おすすめ転職サイトまとめ!

アルバイト・パート・単発バイトで貯金

転職はなかなか難しい・・・

もし会社が許してくれるのであればアルバイトやパートを暇な時にしてみてはどうでしょうか?

 

特に単発バイトであれば空いている時間にできます。

副業と違って時間でお給料が出ますので、確実性があるのがメリット。

 

会社と時間が許すのであればおすすめです。

もし自分が難しいのであれば、パートナーに働きに出てもらうのも検討しましょう。

副業で稼いで貯金

時間や場所にしばられたくない!ということであれば副業がおすすめ。

最近は副業ブームということもあり、自分の得意なことを売りに副業をする人も増えています。

 

筆者のおすすめはブログ。

ブログは最初にかかるお金も少なく、利益率も高い上に、

自分の好きな時間にできるので副業にもってこいです。

セルフバックで貯金

ポイントサイトやアフィリエイトなど、

自分で商品、サービスを申し込んで利用するだけで

ポイントやお金をもらうことができます。

 

普通に申し込むだけでは何もないキャッシュカードなども、

セルフバックページを通すだけでポイントやお金をもらえるのでお得です。

 

やり方はサイトに登録するだけなので簡単なのもポイントです。

まとめ:貯金はやり方と流れを知れば続けられる!

貯金を続けるためのコツは、

  • STEP.1
    毎月の支出を知る
     
  • STEP.2
    毎月貯金に回せる余力を知る
  • STEP.3
    給料が入ったら最初に貯金
     
  • STEP.4
    貯金テクニックでコツコツ貯金
     
  • STEP.5
    発展編:副業など収入を増やす努力をする
     

 

出るお金が減って入ってくるお金が増えれば貯金はどんどん増えます。

そのために貯金のやり方と流れをおさえて、計画的に貯金をすることが大切。

 

貯金は使えるお金が減るので大変です。

しかし貯金が楽しく感じるようになれば、続けることは簡単ですよ!

 

無理なく自分のペースで、楽しく貯金をしていきましょう。