30代フリーターで正社員就職しなかった場合どうなる?結婚はできる?

30代のフリーターは20代に比べてかなり数が少なくなります。

職場には10~20代のアルバイトが多くなってきて、居づらくなってくるでしょう。

 

しかし、いざ正社員になろうと思っても、大学卒業からフリーターになると、

約10年間職歴なしという扱いになり、なかなか採用されません。

 

同じタイミングで卒業した友人とは収入面で倍近い差がつくなど、20代の頃は正社員よりも稼げたかもしれませんが、

年齢が上がるにつれて収入の差は開く一方。

 

早い人だと30代で役職がつき、結婚して家庭を持ち、子供が生まれたりマイホームを購入するなど、人生の転換点になります。

 

一方、30代でフリーターだと自分の生活に精一杯で、結婚はなかなかできませんし、マイホームは夢の話。

年収だけでなく社会的ステータスも目に見えて差が出てきます。

30代フリーターと正社員の生涯賃金の違い

大卒フリーターの人の月の手取りが20万円だとすると、年収は約240万円。

22~55歳の35年間働いたとしても、生涯賃金は単純計算で8,400万円。

 

一方大卒で正社員になった人は、賞与や退職金を含め生涯賃金は3億円になるとも言われます。

単純計算で約2億1千600万円の差。差がつく要因はボーナスと退職金にあります

 

生涯賃金で大きく差がつくだけでなく、正社員は社会保険完備、病気や怪我で休んでも毎月給料は支給されます。

しかしフリーターは病気や怪我をして働けなければ給料は入りません。

 

1日も休まず働いて上記の生涯賃金になりますが、何十年も休まず働くのは不可能。

そのため、実際の生涯年収はもっと低くなる可能性があります。

 

30代フリーターは結婚できない?

上記でも少し触れましたが、30代でもフリーターと正社員では収入に大きな差があるため、

結婚率もまた変わってきます。

 

男性は正社員の方が圧倒的に結婚率が高いですね。

30台後半にもなると約7割の人が結婚していることがわかります。

 

 

特に30台の結婚は人生でもライフステージが大きく変化する時期、

収入面での安定は女性にとっても結婚相手を選ぶ大きな要因となります。

 

女性の場合、30代フリーターといっても結婚して家庭に入り、空いた時間で働いている人も多いです。

30代後半での結婚率が大きく増えているのも既婚者でパートに出ている人が増えているからと言えます。

 

特に男性に言えることですが、収入面はもちろん、結婚をしたいのであれば正社員になる必要があるでしょう。

【職歴なし】簡単で実用的!30代フリーターから正社員に就職できる資格まとめ【未経験】