【節約】便利なおすすめセルフカットグッズ・道具まとめ【実際に使用】

節約を意識するようになってから髪を切るお金って結構高く感じる。

美容院行くとカットとシャンプーだけでも1回5,000円
パーマやらカラー含めたら1万円超えることも。

髪が伸びるのが早いと毎月美容院・理髪店に行く方もいるのでは?
(私も毎月通ってました)

 

1,000円カットあるじゃんといっても仕上がり怖くて私は行きたくないです

数回行ってみましたがイメージと全く違う髪型になったりしますからね・・・

ならば自分で切った方が納得でき、かつ節約にもなるはず

 

ということで社会人になってからセルフカットに目覚めました

セルフカット歴ももうかれこれ5年。
もともと髪の量が多くもっさりしてすぐおかっぱみたいになっちゃうので
学生時代からたまに切ってはいました。

しかし本格的に短くしたりしたのは社会人からです。

 

ちなみに雰囲気だけですが今の髪型はこんな感じ

f:id:nututenpura:20161121075946j:plain

 

前髪をアップバンクにしてサイドから襟足にかけて
6mmで刈り上げてツーブロックにしてます。

Point
  • アップバンク=前髪の中心立ててサイドはおろす
  • ツーブロック=トップとサイドの長さを変える、刈り上げとはちょっと違う

そこで今回は実際に筆者がセルフカットで使っている中でおすすめしたい
便利なセルフカットグッズまとめです!

セルフカットデビューの参考にしてみてくださいね。

すきバサミ

 

そこそこいいすきバサミがあれば他はいらないレベル

セルフカットで検索するとすきバサミよりも
普通のハサミを縦に使った方が量が減るとか書いてあったりしますが、
実際やってみるとそんなに違いわからないです。

むしろすきバサミでザクザク切ったほうが美容院で切ったような感じになる。
なんか髪が細くてワックスつけると髪の毛に動きついてそれっぽいやつですね。

ただ薄毛のひとはやらないほうがいいです。
少ししか切ってないようにみえても、実はかなり切れてますので注意。

 

100均とかの安いすきバサミはやめたほうがいいです。
切れ味が中途半端で変に切れて残念な結果しか待ってません。

 

ちなみに私は右側が普通に切れて左側が切れすぎたので、
ノンスタイル井上的なアシンメトリーになった苦い思い出

Point
アシンメトリー=髪の長さが左右非対称の髪型

すきバサミはセルフカットでかなり使いますので、
それなりにいいものを買うことをおすすめします。

カットハサミ

 

すきバサミじゃない普通のハサミ
ちょっとだけ長さ調整したい、枝毛や毛先を整えたいなんてときに使います。

カットハサミも切れ味中途半端だと髪傷んでボサボサになります。

かといってざっくり切りすぎると取り返しのつかないことになりますので
細部の調整くらいにして切りすぎには注意しましょう。

オールステンレスだとサビにくいのでおすすめです。

バリカン

 

ツーブロックでサイドとえりあし付近を短くするときに使用します。

サイドはわりと簡単ですが、後ろを一人で刈るのはかなり難しいので、
初心者はやめておきましょう。

 

また刈り上げるときはヘアピン使わないと失敗します。

ジョリッと行ってしまったらリカバリーできません。

失敗して坊主になるのを防ぐため積極的に使いましょう。

 

バリカンは絶対水洗い可のものを選んでください
じゃないと細かい髪の毛の掃除が非常に面倒です。

三面鏡

 

三面鏡は欠かせないです。

前の方切るときもですが、後ろ切るときも斜めから鏡が当たった方が見やすいですし、
襟足とかうしろを切るときは洗面所で合わせ鏡にして切ります。

 

なるべく大きめのものを選びましょう

小さいと見たい場所がなかなか見れずに自撮りのアングル決めてるような
ダサい格好をひたすらする必要があります。

 

鏡で見ていい感じに切れたと思っても離れて遠目にみたら微妙だったのを防ぐために
ある程度離れて見てきれるくらいの大きさがあったほうがいいです。

髪の毛受け止めるやつ

 

あんまり大きくても邪魔だし使いづらいかなぁと思い探していたところ見つけた
髪の毛をまとめてくれる素敵アイテム。

小さく丸まってる状態から首に巻きつけるだけなのでとても便利。

 

あとセルフカットで腕上げてもちゃんと切れる

体全体覆うタイプだと腕があげられず髪の毛切れないですからね

 

針金が柔らかいので商品画像のように綺麗に丸まらないのが難点。

それでもうしろの髪を切って落ちた髪の毛をキャッチするだけなら十分。

 

個人的に風呂場で切るのは夏は蒸れるし冬は寒いので嫌いなんですよね。

なので基本リビングで切ってます。

前髪からサイドは新聞紙、襟足などうしろはこれで対応。

こぼれた分は掃除機で片付けます。

ヘアピン

 

髪を切りすぎないためにはヘアピンで量を調整する必要があります。

ツーブロックにするときも欠かせませんね。

6本くらいあるとなにかと便利。

100均のもので十分代用できます。

おまけ:カール

 

セルフカットとは直接関係ないのですが、

カールはアップバンク作るため前髪あげるのに超便利!

 

毎朝髪濡らしてドライヤーするのめんどくさいなー
なんて思ってたところ100均で発見

 

風呂上がりにとりあえず前髪に巻きつけてドライヤーするとまぁ驚き!

いい感じのアップバンクになるではありませんか!

 

朝も手ぐしで適当になおしてワックスつければそのままアップバンクになります。

セルフカットで出費を抑えよう!

毎月発生していた美容院代もセルフカットを始めたおかげでかなり浮きました

今では年1回だけ手直ししてもらいに行くだけになりました。

将来的には行かなくてもいいようにしたいですね

 

カットの時間も最初のころは慎重にやってたりで3時間とかかかってましたが
慣れてきた今では1時間もかかりません

切り方もネットで画像調べてその髪型っぽくなるように切ってるだけなので
失敗することもありますが、まぁ大体それっぽくなりますのでご安心を(

 

道具の質はそれだけ大事なので

安物買いの銭失いにならないよう、そこそこ初期投資することをおすすめします!

しかしカット代の月5,000円浮いたのは大きい(