Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【一人暮らしでも】貯金を増やすために生活費を節約するコツとは【無駄を減らす】

生活に欠かせない出費を賢く節約することが
貯金をたくさん貯めるための第一歩。

今回は生活費を節約するためのちょっとしたコツをまとめました。

食材はまとめ買いする

買い物の数を減らすのは生活費の節約の基本です。

買い物の頻度が多いとその分余計な買い物をしてしまうかも。

食料品の買い出しは1週間に1回など、決めて行くようにしましょう。

買う物はあらかじめメモしておく

食料品など、生活に欠かせない物の買い物はあらかじめメモしていきましょう。

思いつきであれこれ買うと思わぬ出費になることもあります。

メモして置いたもの以外は買わないくらいの気持ちで買い物しなければ
生活費の節約にはなりません。

外食をしすぎない

1回の外食は自炊なら朝昼晩3回食事ができる値段かかってしまうことも。

外食をしすぎないことは生活費の節約の基本。

本気で節約したいなら自炊をしましょう。

飲み会の頻度を抑える

飲み会は節約の最大の敵と言っても過言ではありません。

飲み会に1回行くだけで月の半分くらいの食費になるくらいの出費になることも。

仕事の付き合いや忘年会や新年会などの季節の飲み会など
外せない最低限の飲み会だけ参加するようにしましょう。

なんか今日飲みたいな・・・
そんな時は家で飲みましょう。

自転車で行ける距離は自転車で行く

車を頻繁に使うとガソリン代もバカになりません。

歩いて行ける、また自転車で行ける範囲であれば車を使わないようにしましょう。

車は短い距離を走って止まっての方がガソリンを消費します。

また、エンジンをこまめにつけたり消したりも燃費が落ちますので、
近くのコンビニやスーパーくらいであれば自転車を使うようにしましょう。

銀行の手数料はかからないようにする

チリも積もれば山となる、とはこのこと。

銀行の時間外手数料は1回108円など些細なものかもしれませんが、
10回引き出せば1,080円です。

休日の時間外は216円取られるなんてこともあります。

銀行の手数料を節約することは長い目で見ると大きい金額の節約になります。

コンビニで下ろさない、時間外に下ろさないが鉄則、
平日の銀行がやっている時間に無料で下ろすことを心掛けましょう。

【無料】みずほ・UFJ・三井住友銀行のATM手数料まとめ!〜手数料を最低限にして節約〜

電気はこまめに消すように

電気のつけっぱなしは積み重なって毎月、年間の大きな出費につながります。

いない部屋の電気は消す、使ってない電化製品はコンセントを抜くなどして

無駄な電気は生活費の節約のために使わないようにしましょう。

スイッチ付きのコンセントタップを使うとこまめに消すクセがつくのでおすすめです。

 

電気代の節約は生活費の節約ではよく言われますが、
シビアにやりすぎると絶対に続きません。

気づいた範囲で電源を消すなど、無理せず続けることが
生活費の節約につながります。

水道の流しっぱなしにしない

洗い物やシャワーなどを流しっぱなしにするのは
年間で見ると出費がじわじわ効いてきます。

こまめに水を止めるようにして、出しっ放しはやめるようにしましょう。

水道も電気と同じく気づいた範囲で無理なく続けることが、
生活費の節約につながります。

過剰にやりすぎて続かなかったでは意味がありませんので、
ほどほどに。

毎日の積み重ねが生活費の節約につながる!

生活費の節約は毎日の積み重ねにあります。

ただ、やりすぎは良くありません。

筆者の経験上、突き詰めて生活費を抑えて貯金する!
というのは絶対長続きしません。

何事もほどほどが大切。
何日かに1回外食するなど、ストレスをためずに続けることが大切。

毎日の積み重ねは継続してこそ結果につながります。

ほどほどに無理なく生活費を節約して、お金の悩みが解決できるようにしましょう。