初期費用を抑える!お金をかけずに節約一人暮らしをするための物件選びのポイントまとめ

初期費用を抑えよう!

お金はないけど一人暮らししたい!

けど物件を借りる費用はできるだけ抑えたい・・・

今回は初めて一人暮らしをする人にもわかりやすく
初期費用を抑えるための一人暮らしの物件の選び方についてまとめます

仲介手数料が安い不動産屋さんを選ぼう

仲介手数料が家賃の1ヶ月分くらい仲介手数料として請求されます。

ただ、不動産屋さんによっては仲介手数料半額キャンペーンをやってたりもします。

 

初期費用を抑えたいのであれば仲介手数料はできるだけ安いところを選ぶ様にしましょう。

敷金・礼金のない物件を選ぼう

  • 敷金:保証金みたいなもの。退去した時に修理が必要になったら敷金から支払います。
  • 礼金:大家さんに文字通り「部屋貸してくれてありがとう」という意味で支払うお礼のお金

敷金については修理が必要なければ全額返ってくる
もしくは修理代金引いて残った分は返ってくるので払ってもいいと思います。

敷金とは別に部屋のクリーニング代を請求するところもあります。

しかし礼金は支払ったら返ってきません

大家さんの懐が暖かくなるだけなので
できるだけ礼金のない物件を選ぶことが初期費用を抑えるのにおすすめです。

 

初期費用を抑えたいのであれば敷金・礼金ゼロの物件一択です。

入室前クリーニングがあるか確認

敷金のところでも触れましたが、

借りる部屋を住める様に綺麗にするクリーニングにはいくつか種類があり、

  • 借りてた人が退去する時に支払う
  • 新しく借りた人は入る前に支払う
  • 退去後(前の住居人)・入居前(新しい住居人)の両方が支払うパターン

初期費用を抑えるのにおすすめなのは
直前まで住人が住んでいて
クリーニング代を前の住居人に請求するパターン

クリーニング後すぐ住み始めることから新しい住居人には請求されないことがあります。

前の住人が退去してからしばらく時間が経っていると
住む前のクリーニングが必要になるため請求されます。

また、新築物件もクリーニング代は必要ありませんが、
敷金・礼金が高くなりやすいことに注意しましょう。

鍵交換費用を確認

入居前に新しい鍵にすることはセキュリティ上必須なので必要な費用ですが、
鍵交換にいくらかかるのかあらかじめチェックしておきましょう。

ディンプルキーなどセキュリティが高い鍵は交換費用も少し高くなります。

初期費用の計算をする時に忘れがちなので
鍵の交換費用も加えて初期費用を計算しましょう。

家賃がこれ以上下がらないか聞いてみよう

「家賃が安くなることなんてないでしょ・・・」

と思ってる人が多いと思いますが、
ダメ元でも不動産屋さんに家賃が安くならないか交渉してみましょう。

聞いてみると意外と1,000~3,000円くらいならすんなり安くしてくれることもあります。

家賃交渉自体は不動産屋さんが大家さんとしてくれますので、
言うだけ言って安くなればいいなーくらいの気持ちでお願いしてみましょう。

初期費用だけでなく毎月の支払いも抑えることができるのでおすすめです

一人暮らしの物件を借りる時にかかる初期費用は?

  • 家賃
  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • クリーニング代
  • 鍵交換代

ざっくりこんな感じ。

物件によって金額は変動しますが、

安く一人暮らしを始めたい人の初期費用として、
15~20万円くらいを見ておきましょう。