1人暮らしでもできる!出費を減らす節約術まとめ

一人暮らしはなにかと出費が多く、

月末には支払いでカツカツ・・・なんてこともありますよね。

 

今回は簡単に誰でもできる、一人暮らしの節約術についてご紹介します。

まずは固定費を減らそう

固定費は毎月かかるなくすことのできない支払いです。

節約してお金を貯めるためには固定費をおさえることが大切。

家賃をおさえる

家賃はよく給料の3分の1、と言われますが、

節約したいのなら4分の1がおすすめ。

 

例えば月20万円の手取りで3分の1家賃67,000円よりも

4分の1の家賃50,000円なら毎月17,000円の節約になります。

年間だと204,000円の節約です。

外食はしない!自炊が基本!

自炊すれば、1回の外食のお金で1日、金額によっては数日分の食費になります。

旅行やデートなど、特別な時以外、1人の時はできるだけ外食しないことが節約には必要です。

モバイルwifi・格安simをつかって通信費を抑える

家賃、食費ときて次に大きい出費が通信費。

現代で通信費がかからない人はほぼいないと思います。

 

通信費を節約するポイントは格安simへの変更。

筆者もソフトバンクからUQモバイルにすることで毎月の料金が

8,200円→1,600円になりました。

【iPhone】ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えて節約しよう!手続き方法・注意点まとめ

 

また、wifiも固定回線よりモバイルwifiの方がお得。

キャンペーンやキャッシュバックを活用すれば

毎月3,500円くらいで使用できます。

 

スマホとwifiで合わせて5,000円くらいになると考えると、

スマホだけで8,000円もかかっていたのが今では信じられません(

【最新】通信費の節約におすすめなモバイルルーター・ポケットWiFiランキング【比較・まとめ】

流動費は発生させないのがベスト

流動費は必ず発生するわけではないですが、

1回発生すると金額も大きくなりやすいです。

 

できる限り、発生させないのがベストの支払い。

ただし、削りすぎて生活や人間関係に支障が出ないようにするのがポイントです。

銀行手数料がかからないように

多くの人が給料は銀行口座に振り込まれていますが、

入出金は手数料のかからない時間帯にしていますか?

 

1回くらいならまあいいか・・・と思っていても、

それが何回も続けばそれなりの出費に。

そもそも日にちと時間にだけ気をつければかかることのない出費です。

 

節約をしたいのであれば、

銀行口座は手数料のかからない曜日・時間に使用するようにしましょう。

【無料】みずほ・UFJ・三井住友銀行のATM手数料まとめ!〜手数料を最低限にして節約〜

飲み会に行きすぎない

できるだけ外食しない、と書いた時もそうですが、

飲み会に1回参加するだけで、金額によっては1週間分の食費になりかねません。

お金だけでなく、時間も無駄になりかねないのが飲み会です。

 

歓送迎会など参加しなければいけない飲み会もあると思いますが、

外で飲む回数を減らすだけでもかなりの節約になります。

 

お酒が好きで飲むために仕事をしているのであれば、

家飲みがおすすめ。

自分で作った料理で飲むお酒はまた格別。

飲みながら料理できるのも楽しいですよ。

減らすだけでなく増やすこともあわせて考えよう!

どれだけ節約しても増えるお金はあまり多くありません。

節約するのと同時に増やすことを考えるのも大切。

 

最近は副業解禁のムードも高まっているため、今がチャンス。

早く始めて利益を得られる先行者優位はとてもおいしいですよ。

 

当サイトでも副業についてご紹介していきますので、

チェックしてくださいね!