【保護費減額】生活保護費は本当に少ない?現役受給者がリアルな生活状況をまとめました

躁うつの治療をしながら生活保護を受けているえー氏と申します。

このサイトでは社会復帰のスキルになればとの思いで、体調のいい時に不定期で記事を書かせてもらってます。

 

突然ですが「生活保護の受給額引き下げ」なんてニュースをみたことはありませんか?

今回は現役受給者がこのニュースについて思うことを実際の生活と比較しながらまとめました。

の支給額はだいたい12万円

毎月の生活保護費はだいたい12万円です。

当サイトで活動してるライターとしての収入で前後するため、

ざっくり平均このくらいと思ってください。

 

支給の内訳は、

  • 生活費=8万円
  • 家賃=4万円
  • 合計=12万円

このくらいです。

 

あとは現金支給ではないですが、通院の診療代も無料になっています。

月の支出

月の支出の内訳はこんなかんじ

  • 家賃=40,000円
  • 食費=30,000円
  • 水道光熱費=6,000円前後
  • 通信費=7,000円前後
  • 合計=約83,000円

これが毎月の固定の生活費で、加えて病院に行くための交通費などがかかります。

 

食費も無理に切り詰めなくても自炊すればこのくらい。

毎食外食したらもっとかかりますが、筆者の場合病気の影響もあってあまり外出しないので基本自炊です。

ちなみに筆者は結構食べる量は多い方です(毎食ごはんは2〜3合くらい)

 

少なく見積もっても毎月30,000〜35,000円は残ります。

筆者の場合、残ったお金で外食をするか生活に必要なものの買い足し、

多少であれば貯金してもいいそうなので貯金してます。

ぶっちゃけ支給額が少ないとは思わない

上記の生活費の内訳をご覧いただいたように、

筆者は生活保護の支給額が少ないとは特に思いません。

 

むしろ病気の療養のために税金から生活費を出してもらい、

仕事をせずにお金をいただけてることを考えればありがたすぎるくらいです。

 

たしかに支給額が多い分には嬉しいですが、

別に削減になったからって特に生活できなくなるわけでもないし、なんとも思わないです。

 

むしろニュースとかで保護費を減らされると生活できない!

なんて言ってる人達の方が意味わからないです。

 

だって実際にここに生活できている人がいるんですから。

足りないと言っている人は大抵問題ある人

あくまで個人的な意見ですが、生活保護が足りない!訴えてやる!

とか言ってる人は大抵ギャンブルしててお金がない、浪費が激しいなど

何かしら問題がある人なんじゃないかと思ってます。

もしくはなぜか必要以上にお金を欲しがる高齢者。

 

生活保護をもらっている以上節制するのは当然のことなのですが、

その人たちは浪費してお金がなくなるから生活できないと訴えているのです。

 

それを援護するNPOだって貧困ビジネスに手を出してるから協力してるのかなとも思います。

(貧困ビジネス=生活保護受給者からお金をとるビジネスのこと)

 

ネットをよく使う人なら

「いまだにわからない、納得してない」「当たり前の価格では買えないですね」

→ブランド国産牛のいいお肉半額大量買い

の画像をみたことがあるかもしれません

(上記の言葉で検索すれば出てきます)

 

国産牛なんて食べなくても生きていけるし、

同じ国産牛でももっと安いのだっていくらでもある。

というか生活保護受ける前、普通に会社員だった頃だってこんな肉日常では買いません。

あくまで特別な時くらいです。

 

結局、足りないと言ってる人は贅沢したいだけなんです。

贅沢したいなら働けってことなんです。

自分を擁護するわけではないですが、早く働きたくても病気で働けない人もいるんですから。

別に減額になっても何か影響があるわけではない

筆者は一人暮らしなので、子供がいる家庭よりも節約しやすい状況ではあると思います。

しかし、子供がいればその分支給されるお金も増えるため、なんで足りなくなるのかなと思います。

 

ちゃんと節制すればお酒も普通に飲めるし、外食だってできるし、

子供に習い事をさせることだってできるはず。

自分ならそれでも多少貯金できると思います。

 

さすがに月10万円切ってくると生活はカツカツですが、それでも最低限生活することはできます。

しかし現状そこまで減額になったわけではありません。

あくまで毎月数千円の減額です。

 

なので減額になったからと言って何か生活に影響が出るわけではないと思う、

現役受給者のまとめ記事でした。