【20代自己破産者】1人暮らしの生活費の平均・内訳ってどうなってるの?【生活費を語る】

1人暮らしの生活費ってどのくらいかかるのか気になりますよね?

今回は20代で自己破産をした筆者の生活費をご紹介しますので、

1人暮らしをするときの予算の参考にしてみてくださいね!

家賃

家賃の3分の1以内に収まるようにしてます。

筆者の場合は駐車場代込みで5万円です。

よく給料の7割の家賃とか言われますけどぶっちゃけ高すぎてキツイですよ。

 

家賃とは別に駐車場代がかかることが多いので、

合算して家賃と考える方がいいです。

食費(外食費)

筆者は大食いで1日ご飯4合は食べるので月3万円くらいですね。

自炊多めにすれば2〜5万円以内に収まると思います。

外食増えればその限りではありませんが。。。

電気代

平均3,000~4,000円ですね。

冷房や暖房を使うと少し高めになりますが、5,000円を超えることはないですね。

 

筆者はフリーランスということもあり家で仕事をすることが多いので、

パソコンは常につけっぱなしになっています。

 

会社員時代は月2,000円くらいだったので少し高めになっています。

水道代

水道代は2ヶ月に1回の支払いになるのですが、

2ヶ月で3,000円くらいですね。

安いと2,000円くらいの時もあります。

 

ちなみに筆者は洗濯機を持たずにコインランドリーで洗濯してるので水道代が安くなってます。

ガス代

ガス代は月2,000~3,000円ほど。

筆者の家は都市ガスなので安めです。

プロパンガスの家になると最大+1,000円くらいはかかります。

スマホ代

電話代はかかった分だけかかっているので通話時間によって変わりますが、

月2,000円くらいです。

 

筆者は最近格安simにしたのですが、
以前はソフトバンクで毎月9,000円くらいかかっていました。

 

自己破産をしている関係で口座引き落としができる
UQモバイルを使っています。

【iPhone】ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えて節約しよう!手続き方法・注意点まとめ

ネット代

筆者は外でも家でもモバイルルーターのwimaxを使用しています。

月4,400円ほどです。

 

詳細は別記事でまとめますが、

光回線を開設しなくてもネット環境はモバイルルーターで十分まかなえます。

ある日突然くる税金たち

突発的にくる税金たち、プライスレス。

支払い計画立てた後にくると臨時で出費があるのでもっと早めに教えて欲しいですね。

1人暮らしの支出合計はどのくらい見積もる?

筆者の場合は家賃+20,000円ほどになります。

ほぼ決まった固定の支出は毎月70,000~80,000円ほど。

 

車を持っているのでガソリン代と駐車場代があるので少し高く感じるかもしれませんが、

70,000円あればお金にあまり余裕がない人でも1人暮らしができると思います。

 

生活費があと少し足りないということであればカードローンを活用するのもアリ。

ただ、使いすぎると筆者みたいに自己破産することになりますので、使いすぎないように注意しましょう。

来月の給料の余力で支払える分だけ使い、計画的に活用しましょう。