Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

交通費を節約しよう!電車・新幹線・飛行機・高速バスをお得に安く使う方法まとめ

旅行やイベントなど、楽しいイベントに行くのに結構痛い出費となる交通費。

遠出をしようと思うとなかなかの金額になりますよね。

 

今回は電車・新幹線・飛行機・高速バスをお得に使う方法をまとめました!

少しでも節約して旅行先・イベントで使えるお金を増やしましょう!

電車賃をお得にする方法

ICカードを作る

交通系のICカード(suicaなど)は切符よりも電車賃が安くなります。

特に関東圏であればSuica、PASUMOは必須レベルです。

 

ICカードをもっていればいちいち切符を買う手間も、

小銭を用意する手間も無くなります。

 

金額的な節約よりも時間と手間の節約の面が大きいですね。

回数券を利用する

同じ場所に何回か通うのであれば回数券がお得です。

期間内で使い切る必要がありますが、毎回切符を買ったりするよりも安くなります。

 

金券ショップでは回数券のバラ売りがされています。

普通に切符を買うよりも安くしたいのであれば回数券がおすすめです。

青春18切符を使う

長期休みに発売される、5回11,850円の切符で、

1回利用するとその日1日JRの電車が乗り放題になります。

1回あたり2,370円で東京から九州まで行けちゃいます。

 

旅行時の節約として利用する人が多いです。

企画乗車券を使う

1デイパスや1日乗車券などといった、

各鉄道会社が販売している乗り放題券のことを企画乗車券といいます。

 

普通に買うよりもお得で、乗り放題であれば旅行先でこまめに電車が使えるのでお得です。

定期券はカードで6ヶ月がお得!

定期券は6ヶ月分まとめて買うのが一番安くなるのでお得です。

しかし、6ヶ月分となるとちょっと出費が痛いですよね。

 

そこはクレジットカードで支払うのがおすすめ。

支払いの時期をずらせるだけでなく、

クレジットカードのポイントがつくので現金で買うよりもお得になります。

 

SuicaやPASMOなどと一体型になってる定期券を購入すれば、

ICカードとしても使えますので便利ですよ。

新幹線をお得に使う方法

エクスプレス予約を使う

エクスプレス予約は東海道新幹線と山陽新幹線で使えます。

年会費1,080円かかりますが、長い区間を1回乗れば元が取れますし、

新幹線に乗る頻度が多い人ほどお得になります。

 

ApplePayが使えれば、iphoneをタッチするだけで新幹線に乗れるようになりますので、

チケット発見の手間も省けて便利ですよ。

ぷらっとこだまを使う

ぷらっとこだまはのぞみよりも時間のかかるこだまを使う代わりに新幹線代が安くなります。

新大阪ー東京間を多少時間がかかっても費用を安くしたい場合におすすめです。

株主優待券を使う

株主優待券を使えば新幹線や特急の料金が割引になります。

JR東日本やJR西日本など、それぞれのエリアで発行されています。

 

金券ショップで販売していることもあるので、要チェックです。

飛行機のお得に使う方法

LCCを使う

格安航空会社のLCCを使うのが一番簡単に飛行機の運賃を節約できます。

 

普通の航空会社よりもルールが細かく厳しく、制約が多いのでが難点ですが、

ちゃんと守れば国内外とも格安で行くことができます。

格安航空券をアプリなどで探す

スカイスキャナーやスカイチケットなどのサイトやアプリを使って、

最安ルートを見つけるのも飛行機の運賃を安くするためのポイント。

 

LCCを含めた最安のルートを調べてくれますので、便利ですよ。

マイルを使ってお得に使う

各航空会社のマイルを持っていると、特典航空券に交換できます。

特典航空券を使えばお金を使わずに飛行機に乗ることができます。

 

ANAカードやJALカードなど、各航空会社のクレジットカードを使うとマイルを貯めやすいですよ。

【JALマイラー】JALカードをおすすめしたい人・メリット・デメリット・審査難易度をまとめました【陸マイラー】

高速バスをお得に使う方法.

回数券を利用する

同じ場所に何回か高速バスで行くなら回数券の利用がお得。

割引率はバス会社や路線によって変わりますが、

普通に毎回買うよりも安く高速バスを利用できます。

格安バス会社を利用する

WIKKER EXPRESSやVIPライナーなどの格安バス会社をつかえば、

比較的安く高速バスを利用できます。

 

東京大阪間なら最安で2,390円から利用できるなど、

高速バスを安く利用できます。

早割・学割・シニア割・障害者割を使う

Point
  • 早割:早く申し込んだ分割引
  • 学割:学生証を出せば割引(片道20%割引が多い)
  • シニア割:55歳以上なら割引(年齢確認があります)
  • 障害者割引障害者手帳を提示すれば割引(片道50%割引が多い)

 

それぞれ座席数が限られていたり、証明できない場合はその場で普通運賃を払うことになったりするので注意。

ポイントを利用する

バス会社によって楽天ポイント、リクルートポイント、高速バスドットコムのポイントが使えます。

ポイント利用でバスをタダで利用することができ、利用した分に応じてポイントが加算されるため、

現金よりもポイント加算分安く高速バスを利用できます。

まとめ

一見すると大した金額じゃないかもしれませんが、

交通費は1円でも安くできれば儲けものです。

 

1回あたりは大した金額でなくても、

積み重なればそれなりの金額になります。

交通費は必ず発生するお金、ならばできるだけ安くしたいですよね。

 

支出を抑えて節約するクセがつけば、

節約できたお金でまた旅行やイベントにも行けますよ!

 

今回ご紹介した内容で、うまく交通費の節約をしてみてくださいね!