Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2019最新】スマホ代が激安になる!格安simおすすめまとめ・ランキング【メリット・デメリットも紹介】

毎月の支出を減らすためには固定費の削減、

中でもスマホの利用料金を下げることが大切です。

 

格安simに変えれば毎月の料金が5,000円前後安くなることも。

今回は2019年最新、おすすめの格安simまとめです!

格安simってそもそもなに?

格安simはドコモ、au、ソフトバンクが持っている通信設備を使って(借りて)展開している、

通信サービスのことです。

 

通信量(パケット量)やサービスは一部限定されますが、

通信速度や電波状況は上記の大手3大キャリアと同じものですので、

格安だからといって使い物にならなくなるわけではありません。

 

ネットと電話がつかえれば余計なものはいらない!

それよりも月額料金を抑えたい!という人に特におすすめの通信サービスになっています。

格安simには大きく2種類ある

格安simには

  • 通話sim=今までの電話番号を使用
  • データsim=電話番号がかわる、アプリなどで通話

の2種類があります。

 

通話simは今までと同じsimカードと思ってもらえたら大丈夫です。

データsimは電話番号が050からはじまるものに変わったり、

LINEなどのアプリを使って通話をします。

 

通話simよりもデータsimのほうが月500〜700円安くなります。

仕事のなどで電話番号が変えられないということがなければデータsimのほうが料金は安くなります。

格安simに乗り換えるメリット

毎月のスマホの利用料金が圧倒的に安くなる

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアよりも格安simの方が毎月の利用料金が圧倒的に安くなります。

筆者はソフドバンクからUQモバイルに変えましたが、

毎月の利用料金が8,200円→2,000円になりました。

 

毎月6,000円、年間72,000円も安くなるのはかなりおおきいです。

 

使っていていまのところ不便はないですし、通信速度も快適。

SNSから動画までスムーズに使えています。

長期契約期間などの縛りがない

大手キャリアの契約では最低2年間使用しないと解約できない、解約できるのは解約月だけと決まっています。

しかし格安simは最低利用期間が半年〜1年、

最低利用期間以降はいつでも契約解除が可能になっているプランがあります。

(通信業者、契約プランによる)

 

最低利用期間内に解約すると解約手数料がかかるのは同じですが、

1年間使用すれば13ヶ月目以降はいつ解約しても手数料はかかりません。

 

筆者の使用しているUQモバイル(データ高速・無制限プラン)の場合だと、

最低契約期間(解約手数料9,500円)は1年、13ヶ月以降はいつでも解約可能(解約手数料0円)

になっています。

 

半年〜1年間使ってみて合わない、物足りないと感じたらすぐに乗り換えることもできるのは

格安simの大きなメリットです。

simフリー端末を使うのでいつでもスマホの機種を変えられる

格安simはsimフリーの端末を使用して使います。

大手キャリアのスマホを使用する場合は、simロック解除をして使用します。

 

simフリーの端末であれば、simカードの形が同じであれば差し替えることで

スマホの機種を簡単に変えることができます。

 

スマホの本体代金を分割ではなく一括で購入する必要がありますが、

あきっぽい、いろんなスマホを使いたいという人にはsimフリーの格安simの利用がおすすめです。

通信業者の選択肢が広い

格安simはいまや多くの業者があり、料金プランも様々。

似たり寄ったりでよくわからないプランが多い大手キャリアよりもわかりやすく、

選択肢も多いため自分の利用方法に合った料金プランを探せます。

 

基本的に格安simはネットの使用量と電話する頻度だけで考えればOK。

料金の割引を受けるためによくわからないプランを契約したり、

契約してすぐ解約したりする必要もありません。

 

それでも大手キャリアの割引後の料金よりも格安simの方が安いです。

格安simに乗り換えるデメリット

通信速度制限がかかるのが早い

大手キャリアよりも通信量の上限が少ないため、速度制限になるのが早いです。

通信量を増やせば速度制限になりませんが、値段も大手キャリアと変わらなくなるため、

格安simのメリットが少なくなるでしょう。

電話をよくする人は月額料金が上がる可能性がある

格安simの多くは無料通話がついておらず、電話した時間だけお金がかかります。

なので、電話をよくする人は、国内通話無料のプランにするか、大手キャリアの話し放題を利用するのがおすすめ。

 

格安simは電話をあまりしない人におすすめです。

回線の切り替えを自分でやる必要がある

格安simは大手キャリアと違って自分で回線の変更をする必要があります。

回線の切り替えといっても、simをスマホに差し込んで電話するだけと決して難しくありませんが、

機会が苦手な人には難しく感じるかもしれません。

 

実店舗を持ってない、あっても少ない場合が多く、

電話のサポートで切り替えをする必要があります。

2019年最新!おすすめ格安sim7選!

UQ mobile

UQモバイルはauのサブブランド的な位置付けの格安simです。

格安simの中でも圧倒的に通信速度が速く、安定しているのが特徴。

 

筆者も一番データ量の少ないプランで契約していますが、

大手キャリアの時と使用感の差はなく、通信制限にかかったこともないです。

特に意識することなく、動画もバンバン見ています。

 

通信速度の快適さのため、格安simのなかでは月額料金はちょっと高めです。

毎月の料金を安くしたいけど、ネットはいままでどおり使いたいという人に特におすすめです。

月額料金

プラン名 月額料金 通話時間
おしゃべり
プラン
S:
1,980円
M:
2,980円
L:
4,980円
5分以内
かけ放題
ぴったり
プラン
S:
1,980円
M:
2,980円
L:
4,980円
無料通話
付き

 

プラン名 月額料金 通信量
/通信速度
データ
高速
データ専用
sim

980円
音声通話付き
sim

1,680円
3GB
/高速通信
データ
無制限
データ専用
sim

1,980円
音声通話付き
sim

2,680円
無制限
/500kb

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル最大の魅力は、動画や音楽サービスの通信量がネット通信量に加算されない、

「エンタメフリーオプション」というカウントフリーサービスです。

 

youyubeやAbemaTV、Spotifyなどの動画、音楽サービスが見放題になります。

ネットの通信量にカウントされないため、通信制限にもかかりません。

 

youtubeをものすごい見る、音楽をものすごい聞く、というエンタメ好きな人に人気の格安simです。

 

また、専用アプリ「Biglobeでんわ」を使用すれば30秒/9円で電話できるのも魅力です。

 

月額料金も最安ではありませんが、格安simのなかでも安めで、

そして今では少なくなった口座振替で支払いができる数少ない格安simでもあります。

(口座振替はデータ通信専用プランのみ使用可能)

いろいろあってクレジットカードがつかえない人でも契約できる格安simです。

 

現在契約者数が一番増えていると言われている格安simです。

【格安sim】BIGLOBEモバイルに乗り換えるメリット・デメリットまとめ【快適な通信】

月額料金

音声通話
対応プラン
月額料金 データ
通信容量
スタート
プラン
1,400円 1GB
3ギガ 1,600円 3GB
6ギガ 2,150円 6GB
12ギガ 3,400円 12GB
20ギガ 5,200円 20GB
30ギガ 7,450円 30GB

 

データ通信
専用プラン
月額料金 データ
通信容量
3ギガ 900円 3GB
6ギガ 1,450円 6GB
12ギガ 2,700円 12GB
20ギガ 4,500円 20GB
30ギガ 6,750円 30GB

Y! mobile

Y!mobileはソフトバンクのサブブランド的存在の格安simです。

最大の特徴は、大手キャリアと同じように実店舗を多く構えており、

格安sim初心者でも乗り換えの相談ができるのが特徴。

 

自社で回線を持っているので、通信速度も速いですが、

速度の安定感は人によって意見が分かれるようです。

 

月額料金は基本は高めですが、割引などを適用すれば月最大1,500円の割引が適応されます。

 

料金プランが格安simよりも大手キャリアのものと似てるので、

従来のわかりにくい料金プランのように理解して申し込まないと、最安値にしにくいのが難点です。

月額料金

プラン名 月額料金 通信量 通話料
プランS 2,980円 2GB 10分以内の国内通話無料
10分を超えたら、30秒につき20円
プランM 3,980円 6GB
プランL 5,980円 14GB

※ワンキュッパ割適用で1年間毎月の利用料金が1,000円引きになります。

楽天モバイル

楽天モバイルは、通話をよくする人におすすめの格安simです。

スーパーホーダイプランでは10分以内の通話がかけ放題のため、

長電話よりも短時間の細かい電話をする人におすすめです。

 

契約期間も1〜3年の年単位で選ぶことができ、

3年契約による長期割などの割引プランを利用すれば、最安で月1,480円で使用することができます。

 

また、100円で1ポイント楽天ポイントが貯まるため、

楽天での買い物やポイント運用をしてるなど、楽天のサービスをよく使う人に特におすすめです。

月額料金

スーパーホーダイ
プラン名
月額料金 通信量 通話代
プランS 2,980円 2GB 10分以内の通話かけ放題
プランM 3,980円 6GB
プランL 5,980円 14GB
プランLL 6,980円 24GB

 

組み合わせプラン 通話sim 050データsim
(SMSあり)
データsim
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

LINE mobile

LINEmobileは無料通話アプリのLINEが展開している格安sim。

最大の特徴はLINEやTwitterなど特定のSNSの通信量をネット接続の通信量としてカウントしない、

データフリーと呼ばれるサービス。

 

SNSをものすごい使う人に人気のサービスで、

ネットや通話よりもLINEやTwitter、Instagramがつかえればいい!という若い人を中心に人気の格安simです。

 

ネットの通信制限がかかっても、SNSは使えるため、

大きい通信量で契約する必要がなく、月額料金を抑えられるのも魅力。

 

電話を使わないのであれば格安simの中で最も安い格安simになっています。

【SNS使い放題!】LINEモバイルに乗り換えるメリット・デメリットとは?【親子で安心】

月額料金

各プランの違いはカウントフリーで使えるSNSの数の違いです。

 

フリー
プラン
(通信量)
月額料金 カウント
フリー
データ専用 データ
+SMS
音声通話 LINE
1GB 500 620円 1,200円

 

コミュニケーション
フリープラン
(通信量)
月額料金 カウント
フリー
データ
+SMS
音声通話 LINE
Twitter
Facebook
Instagram
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

 

MUSIC+
プラン
(通信量)
月額料金 カウント
フリー
データ
+SMS
音声通話 LINE
Twitter
Facebook
Instagram

LINE
MUSIC
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

mineo

mineoの特徴はサポート体制の良さと基本料金の安さにあります。

 

基本料金はややこしい割引などを適応しなくても最初から安いので、

格安simが初めての人でも料金プランがわかりやすいです。

格安simのなかでも月額料金は安めに設定されています。

 

マイネ王というユーザーのみが使えるコミュティを使えば困った時の問題解決や、

通信量が足りない時は無料で毎月1GBをもらうことができます。

 

また、かけ放題プランが用意されており、

かけ放題契約するほどではないけど、電話をよく使う人は、

専用アプリ「minoeでんわ」から発信するだけで、国内通話料が30秒/10円になるので、

是非ともおすすめしたいです。

 

料金プランのわかりやすさと、サポートの充実具合から、

最初に格安simにする人はmineoを選ぶ人が多いです。

【圧倒的安さ】mineoに乗り換えるメリット・デメリットとは?【通信速度が遅い】

月額料金

使う回線によって月の料金が変わります。

mineoはドコモ、au、ソフトバンクの全ての大手キャリアの回線に対応しているため、

simロック解除の手続きが必要ありません。

 

シングルタイプはデータ通信専用

デュアルタイプはデータ通信+090音声通話の音声通話付きプランになります。

ドコモプラン
(Dプラン)
シングル
タイプ
デュアル
タイプ
データ容量
500MB 700円 1,400円
3GB 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円
SMS
オプション
120円 無料

 

auプラン
(Aプラン)
シングル
タイプ
デュアル
タイプ
データ容量
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
5GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円
SMS
オプション
無料 無料

 

ソフトバンク
プラン
(Sプラン)
シングル
タイプ
デュアル
タイプ
データ容量
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
5GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円
SMS
オプション
180円 無料

IIJ mio

IIJmioは格安simの中でも老舗の通信業者で、運営している株式会社インターネットイニシアティブも

国内で初めてインターネットの接続サービス提供し始めた、ネットワーク業界では有名な会社です。

 

IIJmioの特徴はユーザーファーストのサービス展開で、

通信速度、料金、サポートのどれをとっても優秀なところです。

 

料金プランもシンプルで格安simのなかでも安く、

長期契約者には特典も用意しているなど、1つのキャリアを長く使う人に特に人気があります。

 

IIJmioの機種取り扱い数は格安sim業者の中でも1番種類が豊富なので、

スマホも一緒に購入したいと考えている人にもおすすめです。

月額料金

ドコモプラン
(Dプラン)
音声通話
機能付き
SMS
機能付き
データ通信
専用
3GB
ミニマム
1,600円 1,040円 900円
6GB
ライト
2,220円 1,660円 1,520円
12GB
ファミリー
3,260円 2,700円 2,560円

 

auプラン
(Aプラン)
音声通話
機能付き
SMS
機能付き
データ通信
専用
3GB
ミニマム
1,600円 900円
6GB
ライト
2,220円 1,520円
12GB
ファミリー
3,260円 2,560円

目的別で考える格安simの選び方・ランキング

ズバリ!使うべき格安simはコレだ!

Point
  • 1位 UQモバイル
  • 2位 BIGLOBE mobile
  • 3位 LINEモバイル

 

初めてでもわかりやすい格安simはコレだ!

Point
  • 1位 mineo
  • 2位 LINEモバイル
  • 3位 UQモバイル

 

月額料金をとにかく安くしたい

Point
  • 1位 LINEモバイル
  • 2位 mineo
  • 3位 IIJmio

 

ネットをしっかり使いたい

Point
  • 1位 UQモバイル
  • 2位 BIGLOBEモバイル
  • 3位 IIJmio

 

SNSが使えればネットはそこそでいい

SNSがとにかく使えればいいのであればLINEモバイル一択です。

 

電話を多く使う

Point
  • 1位 mineo
  • 2位 BIGLOBE mobile
  • 3位 楽天モバイル

電話番号を使ってよく電話するならmineo、

電話もネットもよく使うのであればBIGLOBE mobileがおすすめ。

 

LINEを使った長電話ならLINEモバイルがおすすめです。

Q&A こんな時は格安simと3大キャリアどっちを選べばいい?

とにかく毎月の料金を安くしたい

格安simです。

ネットを長時間ヘビーに使う

モバイルwifiを持っているのであれば格安sim、持ってないのであれば大手キャリアです。

ものすごいたくさん・長時間電話をする

電話番号の長電話なら大手キャリア、LINEなどアプリの通話なら格安sim(LINEモバイル)です。

自分で手続きできる自信がない

大手キャリアです。

料金が安すぎて不安になる

大手キャリアです。

各種サポートやサービスを使いたい

大手キャリアです。

まとめ:格安simは使用感は変わらず毎月の利用料金が安くなる!

格安simはネットの通信速度が遅くなることもなく、今までと同じように使えて料金が安くなります。

毎月のスマホ代が高いと感じている人は格安simに乗り換えない理由がないくらいです。

 

今すぐ格安simの利用を検討してくださいね!