Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【コミュ障改善】付き合う人を選ぶ時は相手の「顔」をみて選ぼう〜人の印象は最初で7割決まる〜

人間関係は学校、会社問わず社会ではなくすことができないもの。

人付き合いは自分の対応はもちろん大切ですが、付き合う相手を見極めることも大切。

では、付き合ってはいけない人というのはどのような人なのでしょうか?

まずは目をみるべし

私が相手を見る時はまず「相手の目」をみます。

個人的な意見ですが、どんなに無表情だったりポーカーフェイス気取ってても
目には感情が出ます。

目から機嫌を読み取るのは結構簡単です。

目が死んでいないか

一番わかりやすいのが「目が死んでないか」です。

最近たまに耳にしますが、文字どおり
「目に生気を感じない、光がない状態」というのはおおよそにして

負の感情が強い人が多いと経験から言えると思います。

目の周りに疲労感が感じられないか

目が血走っていたり、クマがすごくて段差になっているような人は
疲れててストレスもたまっており、非常にイライラしている人が多いです。

目をやけに細めてないか

お年寄りでもないのに異常に目を細めて何かを見る人は
物事に細かくネチネチしてる人が多いです。

陰険タイプは特にめんどくさいですから
注意しましょう。

口元のシワを見る

目の次は口元を見てください。

ブルドックみたいに垂れ下がっていて「へ」の字のような口元をしているのは
たいていめんどくさい人です。

いつも笑顔やニコニコしている人は口元があがっているのでえくぼの跡が口元に残ります。

が、反対に口をずっと結んでムスッとしてる人はブルドックになっているということですね。

例外として真一文字の口元の人はいくつかのパターンにわかれますので
他の部分をみて判断しましょう。

顔に加えて全身の雰囲気も合わせてチェック

パッと見たときに相手がどんな雰囲気を出しているのかをチェック。

とがったトゲのある雰囲気を出しているのなら接し方に注意しましょう。

姿勢

立ってるときに前のめりになっていたり、歩くときに胸を張らず猫背で前のめりになる人は気弱な人が多いです。

逆にやけに胸を張って色黒だったりすると自信がある強気な人が多いです。

めんどくさいおじさんとかパーティーピーポーなんかは異常に胸を張って強めに強調してきますよね。

まとめ

「見てくれだけ見てもその人のこと何もわかってないやん!」

とめんどくさいおじさんやおばさんが言ってきそうな内容の記事になりましたが、
よく言われる「人の印象というのは第一印象で決まる」というのは結構真理だと個人的には思います。

これは人の印象は最初に会った10秒で7割決まると言われるというもので
最初にめんどくさいと思われてしまうとその人は実は良い人だったとしても
それを知る前に付き合うのをやめてしまう可能性もあるということです。

第一印象が良い人というのは長く付き合う上でとても大切な要素になりますので
めんどくさい人を避けるためにも相手の顔を見ただけで
ある程度その人を見極めらるようになりましょう。