自己破産しても賃貸物件を借りれる?審査とか大丈夫なの?

自己破産歴があると物件が借りれないのでは・・・

と思う方も多いと思います。

実際はどうなのでしょうか?

自己破産をしても部屋を借りられる!

結論からお話しすると
自己破産をしてても部屋を借りることはできます。

 

金融事故である自己破産は、賃貸物件の審査とは直接的には関係ありません。

ただ、家賃保証会社がつくところとなると少し難しいかもしれません。

家賃保証会社は信用情報機関を使う!

多くの保証会社はクレジットカードやローンの審査と同じように
その人の信用情報に問題がないかを信用情報機関に問い合わせます。

つまり保証会社の審査はクレジットカードやローン審査と似た手順を踏むのです。

 

自己破産をしていると信用情報に傷がついていますので、
クレジットカードやローンを組むことはできません。

 

同時に、信用情報を照会する保証会社の審査にも通りません。
=保証会社を使わないと借りれない物件には住めません。

借りるなら家族に保証人になってもらおう

自己破産をしていても賃貸物件を借りれる確率が高いのは、保証人を立てること。
親や兄弟、親族などに保証人になってもらうと高確率で物件を借りる事ができます。

保証人がいる場合は信用照会もしませんので自己破産をしていても問題ないという事ですね。

保証人になってくれる人がいない場合

もし、家族など保証人になってくれる人がいない場合は
信用情報機関に加盟していない家賃保証会社を使ってみましょう。

 

家賃保証会社が必ずしも信用情報機関に加盟してるとは限りません。

加盟してるのはクレジットカードの入会審査もしている会社が多いです。

家賃保証だけの審査をしている会社は加盟してないこともあります。

自己破産してる場合は保証人を立てるのが1番確実!

自己破産をしてこれから再スタートをしたい!

そのために自立する・環境を変えるという意味で新しく物件を借りる人もいると思います。

 

物件を借りられる確率を上げたいのであれば、

  • 保証人を立てる
  • 信用情報機関に登録してない保証会社を使う

これらをポイントにしてみましょう。

長時間でも無料相談!自己破産の相談は借金問題特化の弁護士事務所へ!



弁護士法人イストワール法律事務所なら
通常無料相談時間に制限のある債務整理の相談ですが、
長時間でも親身になって無料で相談に乗ってくれます。

借金問題・債務整理・自己破産にに特化した弁護士事務所なので、
初めての自己破産に不安に感じている人でも安心です。

無料で債務整理・自己破産の専門家が話を聞いてくれますので、
借金・ローンで苦しい思いをしているのであれば
一度相談してみてはどうでしょうか?

悩んだら借金の専門家にまずは相談!