Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【実体験】自己破産の申請に必要・提出する書類まとめ【レシート・領収書も必要?】

自己破産をする時ってどの書類が必要?
何を取っておけばいいの?

初めて自己破産をする人がほとんどなのでわからないですよね。

 

今回は筆者が実際弁護士に提出した書類を中心に
自己破産をするときに必要な書類についてまとめました。

書類の内容は筆者の経験を元にしています。
人によって提出書類は変わると思いますので
参考程度にしてみてくださいね。

自己破産に必要な書類一覧

  • 自己破産申立書
  • 陳述書
  • 債権者一覧表
  • 資産目録
  • 住民票
  • 資産目録
  • 住民票
  • 給与明細
  • 全ての銀行口座2年分の履歴
  • 2ヵ月分の生活費の収支
  • 領収書
  • 賃貸契約書
  • 車検証
  • 診断書

筆者はこれらの書類を提出しました。

自己破産申立書

破産申立者の家族状況や借金の詳細について記載します。

また、持っている財産についても記入します。

陳述書と記載する内容が少し似ていますが違う書類なので間違えないようにしましょう。

陳述書

最初に借金をした理由から借金が増えた理由、返済が難しくなったことまで詳しく記載します。

自己破産でなければ今後の生活の立て直しができないことを書いていき、

今後は真摯に反省してやり直すことを書く必要があります。

 

クレジットカードなどで買ったものを売ってないか記載するとこもあります。

ここで色々売っていると換金目的で購入したのではないかと思われます。

換金は自己破産できない理由の1つなので注意しましょう。

債権者一覧表

借金がある相手を法人・個人関わらず記載します。

ここで記入漏れがあるとその相手にのみ返済しようとしてるものだと思われます。

特定の相手に返済することは自己破産できない理由の一つですので、
記入漏れがないようにしましょう。

 

また、借金の総額も必要になります。

明細など詳細は必要ありませんが、
どの会社から総額いくら借入があるのかは
あらかじめ把握しておきましょう。

資産目録

持っている現金、車などの動産

不動産屋や有価証券など価値のあるもの

解約したらお金が戻ってくる生命保険などを記載します。

解約返戻金と言います)

住民票

本籍地記載、世帯全員分のものが必要です。

実家などで親と同居している場合は
親の収支や財産、貯金についてもまとめて提出する必要があります。

 

筆者は一人暮らしをしていたものの、

住民票を移してなかったため住民票を現住所に移してから自己破産しました。

そのため親の資産等については提出していません。

給与明細

直近2ヵ月分の給与明細のコピーが必要になります。

筆者は提出を求められませんでしたが、源泉徴収票が必要になることもあります。

全ての銀行口座2年分の履歴

通帳を持っていき、弁護士事務所で全部の履歴をコピーしてもらいました。

その後裁判所から講座の履歴についての質問がきたので、
口座の入出金について答えられるようにする必要があるでしょう。

2ヵ月分の生活費の収支

直近で生活にかかっている収入と支出について詳しく書きます。

手持ちの現金と口座の履歴と合わせてバランスが悪いと
お金を隠してるのでは?と指摘がありますので
細かく丁寧に記入するようにしましょう。

親など家族と同居している場合は家族の収支も必要になります。

領収書

携帯の支払い、wifiの支払い水道光熱費

税金の支払いの領収書が必要です。

生活費の領収書を提出する必要ありませんが
生活の収支を書くのに必要になります。

 

クレジットカードで支払っていたwifiなどをコンビニ支払いしている場合は
コンビニで支払った際の領収証が必要になりますので無くさないようにしましょう。

 

筆者は携帯のコンビニ支払いの領収証を無くしてしまったので
携帯のマイページで確認できる支払履歴一覧を提出しました。

賃貸契約書

賃貸物件に住んでいる場合は賃貸契約書

実家に住んでる場合は不動産登記簿謄本と居住証明書というものが必要になります。

駐車場を別で契約している場合は駐車場の賃貸契約書が必要になります。

車検証

筆者は売却の必要がない車を持っていたので車検証を提出しました。

価値がある車・バイクを所持している場合は管財事件となり、
売却した場合いくらになるのか見積書を買取業者に作成してもらう必要があります。

(詳細は後述)

診断書

筆者は以前過労からうつ病になってしまったこともあり、

以前もらっていた診断書を提出しました。

 

病気も返済困難になった原因になるのであれば提出した方がいいとの

弁護士さんの話でした。

診断書もしくはお薬手帳でもいいそうです。

必要かと思ったけど実はいらなかった書類

クレジットカード会社からの督促状

一応取っておきましたが提出等は特にしませんでした。

借入の総額は陳述書、または債権者一覧表に記載するので
その時に見るくらいでした。

水道光熱費の領収書

コンビニで支払っているので必要かと思い取っておきましたが、
収支一覧に記載しただけで特に提出しませんでした。

実際に提出したのはwifi、携帯、税金を支払った時の領収書になります。

価値のない車の査定書

自己破産をする時に車・バイクを所有している場合、
管財事件と呼ばれる自己破産になります。

通常の自己破産(同時廃止)よりも審査が長く手続きも難しくなります。

しかし以下の場合は無価値として所有しておくことができ、同時廃止として手続きができます。

経過年数 評価額
(買取価格)
普通自動車 登録から6年 20万円以下
軽自動車
商用車
登録から4年

・バイクは評価額20万円以下の場合所有が可能・経過年数は関係ないようです。

 

評価額は買取業者に査定してもらいます。

ただし、輸入車は経過年数関係なく評価額を出す必要があります。
輸入車やアンティーク車など価値の高い車は通常よりも価値が高いことがあるためです。

 

筆者は初年度登録から8年経過した軽自動車を所有していたため、
無価値として査定書は必要ありませんでした。

価値がなくても価値がないこと証明するために
査定してもらう必要があるのかなーと思っていたのですが、
その必要はありませんでした。

(初年度登録の年月日は車検証に書いてあります。)

自己破産の書類は真摯さと反省の態度が大切

自己破産は本来返済しなければいけない借金を法律で免責してもらうこと。
書類の提出には真摯な対応と反省の態度が大切です。

適当に対応してたり、こいつ本当に反省してるのか?と思われると
自己破産の判断をする裁判官はもちろん、担当する弁護士、司法書士の心象が悪くなってしまいます。

裁判官の心象が悪いと自己破産を認めてもらえない可能性がありますし、

弁護士、司法書士の心象が悪いと自己破産の手続きをしてくれる
代理人を辞められてしまうかもしれません。

自己破産は自分の作った借金を許してもらうのです。
提出する書類も丁寧に用意・回答するようにしましょう。

長時間でも無料相談!自己破産の相談は借金問題特化の弁護士事務所へ!



弁護士法人イストワール法律事務所なら
通常無料相談時間に制限のある債務整理の相談ですが、
長時間でも親身になって無料で相談に乗ってくれます。

借金問題・債務整理・自己破産にに特化した弁護士事務所なので、
初めての自己破産に不安に感じている人でも安心です。

無料で債務整理・自己破産の専門家が話を聞いてくれますので、
借金・ローンで苦しい思いをしているのであれば
一度相談してみてはどうでしょうか?

悩んだら借金の専門家にまずは相談!