【銀行口座凍結】自己破産をすると銀行口座が使えなくなる?新しく開設もできない?

この記事でわかること
  • 自己破産すると銀行口座って使えなくなる?
  • 自己破産するともう新しく口座って作れないの?

自己破産することになっても口座は使える

結論からお話しすると、
自己破産することになっても銀行口座は普通に使えます。

ただし、使う銀行から借り入れがある場合は注意

カードローンや住宅ローンがある場合、その銀行にも自己破産することになった連絡が行きます。

返済されないのに口座からお金を出し入れできるのも変な話ですよね?

使う銀行からお金を借りてる場合は銀行口座が凍結されますので注意。
(基本的に出金ができなくなりますが、銀行によっては入出金ができなくなります。)

自己破産の手続き前に現金は抜いておく

自己破産することになると口座が凍結されるため、
手続きを始める前にお金は抜いておくようにしましょう。

もし、出金し忘れて生活できなくなったとなると困りますよね。

また、給料の振込先も忘れずに変えておくようにしましょう。

給料振り込まれても出金できない、なんてことにもなりかねません。
そもそも凍結されていると入金エラーとなるため、
会社にトラブルを抱えてるのでは?と思われる可能性もあります。

口座の新規開設はできる

自己破産をすることになっても、
今まで取引がない・お金を借りていないのであれば
新しく口座を開設することはできます。

ただし、借り入れはできませんので注意。
申し込んでも信用情報を調査すれば自己破産のことがわかるので、まず審査に通りません。

万が一口座が作れなかったとしても、
現在はネットバンクを始め多くの銀行がありますので、別の銀行で申し込んでみてくださいね。

まとめ:銀行口座は借入がなければ普通に使える!

銀行口座はお金を借りていなければ普通に使うことができます。

初めて使う銀行で、新しく口座作ることもできますので安心してくださいね。