自己破産のデメリットとは?生活にどんな影響がある?

一般的にはあまりいいイメージのない自己破産。
自己破産をするとどんなデメリットがあるのでしょうか?

クレジットカードが作れなくなる

自己破産をすると個人信用情報機関のブラックリストに名前が登録されます。
いわゆる「信用情報がブラックになる」という状態です。

ブラックリストから名前が消えるまで5~7年かかると言われているので、
消えるまでクレジットカードが作れません。

ローンが組めなくなる

ローンも信用情報がブラックになっていると審査が通りません。
住宅ローンをはじめ、自動車ローンやスマートフォンの分割払いもできなくなります。

ブラックリストから名前が消えるまで5~7年かかり、
その間は基本的に分割払いになります。
(会社独自のローンは使えることがある。)

財産がなくなる・没収される

自己破産をする人の多くは同時廃止という方法で借金を免責してもらうことになります。
免責になれば借金を返済しなくて良くなります。

もちろん、自分で作った借金を免除してもらうのですから、
多すぎる・高すぎる財産は持てませんし、高額なものは借金の返済に当てられます。

財産の一例として

  • 現金99万円以上
  • 預貯金20万円以上
  • 退職金160万円以上
  • 保険の解約返戻金20万円以上
  • 車(評価額20万以上など条件あり)
  • 家などの不動産

これらが挙げられます。

ただ、車などは評価額が20万円を超えなかったり、
長年乗っている場合は資産価値ゼロとして処分の必要がない場合もあります。

処分しなければ行けない車についてはこちらの記事で紹介しています。

【実体験】自己破産の申請に必要・提出する書類まとめ【レシート・領収書も必要?】

家族・連帯保証人に迷惑がかかる

免責してもらう借金の中に連帯保証人がついている場合は
返済義務が連帯保証人に移ります。

家族がなってる場合も多くあると思いますので、
自分が自己破産することで迷惑をかけることになります。

 

また車などをはじめ、共用していた物も名義が自己破産する人の名義だと
没収となり迷惑がかかることになります。

あらかじめ話しておくようにしましょう。

実は違う自己破産のデメリット

会社や学校など知り合いに知られてしまう

自己破産をすると官報という国が発行している情報誌に名前と住所が乗りますが、
読む人以外に知られることはありません。

読んでる人自体ものすごいレアです。

 

戸籍や住民票に何か記載されてバレるなんてことはありません。

選挙権がなくなる

自己破産関係なく20才以上であれば誰にでも選挙権はありますし、
選挙に立候補することもできます。

当選するれば議員にだってなれます。

賃貸物件が借りられない

これは正解でもあり間違いでもあります。

アパートやマンションを借りる際は保証人が必要になることがほとんど。

親や家族であれば問題ありませんが、保証会社の場合は審査が通らないことがあります。
(信用情報の問題で)

 

ただ、車のローンなどと違って絶対通らないわけではありません

遠出や海外旅行に行けない

自己破産の手続き中の時は所在地を離れることができないため、
遠出の旅行や海外旅行に行くには許可が必要です。

 

しかし自己破産で免責となったのであれば
普通に旅行も海外旅行も行けるようになります。

デメリットを知った上で自己破産するか考えよう!

自己破産は自分が作った借金の返済義務を無くしてもらう代わりに、

相応のデメリットもあります。

自己破産するメリットと比較した上で自己破産をするか考えるようにしましょう。

長時間でも無料相談!自己破産の相談は借金問題特化の弁護士事務所へ!



弁護士法人イストワール法律事務所なら
通常無料相談時間に制限のある債務整理の相談ですが、
長時間でも親身になって無料で相談に乗ってくれます。

借金問題・債務整理・自己破産にに特化した弁護士事務所なので、
初めての自己破産に不安に感じている人でも安心です。

無料で債務整理・自己破産の専門家が話を聞いてくれますので、
借金・ローンで苦しい思いをしているのであれば
一度相談してみてはどうでしょうか?

悩んだら借金の専門家にまずは相談!