Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出前館配達初心者が配達件数を増やすには?1時間2件を3~4件にする具体的な方法

デリバリーワーカーズ情報局(DWI)です!

 

出前館はウーバーと違って早押し、時間が決まってるなど、

始めたばかりでは困惑することも多く、

うまく配達にまわれず1時間で2件配達するのが精いっぱい、

という方も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は筆者も出前館を始めたばかりのころ苦戦してましたが、

今ではピーク時1時間で5件回れるようになった筆者が、

1時間2件を脱却して3、4件と1時間当たりの配達件数を増やすために実践した方法をご紹介します。

 

配達件数が増えなくて苦戦している方は参考にしてみてくださいね。

筆者の配達環境

コツをご紹介する前に筆者が配達してる環境をご紹介します。

 

  • 配達エリア:関東(東京ではない地方都市)
  • 配達ツール:バイク
  • 現金配達:なし
  • フードデリバリー配達員歴:3年目

 

こんな感じになります。

考え方は自転車の方でも参考になる部分があるかもですので、

よかったら読んでみてくださいね!

筆者が実践して実際に件数を増やせた出前館の配達の方法

自分の拠点の駅・地域を選ぶ

まずピック先の多い自分が拠点とする駅、

もしくは飲食店が集中していて依頼が多そうなスポットを選びましょう。

 

そしてそのスポットを中心に配達しては戻るを繰り返します。

ウーバーのように行った先で別の依頼取ってでは距離が遠くなるばかりで出前館ではあまり稼げません。

(出前館はお店の近くにいる人に先に案件表示するため)

 

慣れてくると行った先で拠点の駅近くの住所に戻る案件を取って戻ってくる、

なんてこともできますが、

慣れないうちは行って戻るを繰り返したほうが件数増えます。

 

変に2件、3件持ちするよりも、

ショート1件行って戻るほうが楽だし件数増やせます。

拠点のある住所に隣接する住所を覚える

上記の拠点となる駅、スポットを決めたら、

その場所の地名、また隣接する地名を覚えましょう。

(何丁目まではいりません)

 

隣の地名までならかなりショートなので、

早押しの時に有利になります。

 

同じ地名だけでなく隣接するスポットを覚えるのは、

場所によって同じ地名内よりもすぐ隣の地名のほうが近いことが多いからです。

 

住所を覚えたら近さに加えて配達に行きやすいエリア

(道が走りやすい、混みにくい、信号に引っかかりにくいなど)

を絞って配達すると件数増やしやすいです。

件数のためにあわてて取らない

稼ぐために件数をこなそうとあわてて取ると、

ものすごいロングピック、ロングドロップを引いてしまうことがあります。

(出前館始めたころあるある?)

 

件数のためにあわてて取るよりも、

自分が行きたい方向、もしくはショート案件をじっくり待ったほうが、

結果的に件数かせげます。

 

地理をある程度覚えている前提になりますが、

早押しだからとあわてて取るのではなく、

少し待って狙い撃ちする感じで案件を取るのがおすすめです。

早ピックできるお店を覚える(ゴング意味あるお店を選ぶ)

出前館はお店で受け取る時間とお客さんに届ける時間が決まっていますが、

お店によって少し早く料理を受け取れることがあります。

 

受け取り時間よりも早く取ることを早ピックといいますが、

早ピックできるお店を重点的にまわれると件数を増やせます。

 

逆に受け取り時間ぴったりにしかできない、

むしろ遅れるお店はどんどん切って、

行くお店も厳選したほうがいいです。

 

特にゴングならしても用意してないお店は論外です。

最低限ゴングして10分後にはちゃんとできてるお店、

注文入ってきたと同時にゴングなくても作ってるお店は最高です。

(行けばもう用意してる、出来てるのですぐ持っていけます)

 

早ピックできるお店、遅いお店を知ることも、

件数を増やすためには必要です。

1つのお店(or近い店)で同じ地区・近い地区の配達をまとめて取る

出前館といえば複数の案件をピックアップして同じ地域に持っていく、

配達の途中でピックアップして同じ方向に持っていくなど、

複数案件を同時に配達することで稼ぐことができるシステムですが、

最初は違う店で複数案件持とうとすると調理の遅れなどで大幅な遅配につながってしまいます。

(筆者もじっさいやらかしてました)

 

そこで気づいたのが1つのお店、もしくは数件となりなど近くのお店で複数件のピックアップをして、

同じ方向、近い地域に持っていく方法です。

ピックの時間が減り、遅配にもなりにくいです。

 

ピックの時間が多少ずれててもお店の人に一緒に持っていきますと伝えれば用意してくれることも多いです。

(逆に対応してくれないお店は今後切ったほうがいいです)

 

ただし、30分以上早いピックアップ、配達の場合はお店、お客さんに連絡が必要になるので注意。

逆に10~15分くらいであれば同時にピックアップして配達に行けば、2件ともいい時間に配達ができます。

 

1件のお店でピックするときは時間の関係で2件くらいがおすすめ。

3件持ちはなかなか来ないですし、遅配にもなりかねないので、

欲張りすぎずまずは2件同時持ちをするのがおすすめです。

ロングドロップだけでなくロングピックに注意

ロングドロップを引かないのはもちろん、ロングピックをいかに引かないかが大切です。

出前館は自分で行きたい方向を決められるのがメリットですが、

取るのをミスると配達先がすごく近くても、ピック先が遠くて結果無駄な動きになってしまうことも。

 

自分のいる位置からできるだけ近いお店でピックアップして、

できるだけ近い地域に配達するのが理想の動きになります。

であれば配達先だけでなく商品を受け取るお店の場所にも注意しましょう。

 

頭の中でピック先、配達先のエリアがパッと出てくるようになれば

無駄な移動時間を減らして効率よく配達できるようになり、件数を増やせます。

 

 

複数件持ちだけでなく、配達先の近くのお店でピックアップして自分のメインエリアに帰ってこれるようになれるのが理想です。

A駅前でピックアップ→配達→配達先近くのB駅前でピックアップ→A駅方面に配達

という流れが組めるようになるのがベストです。

 

最初は難しいと思いますので、まずはロングピック、ロングドロップを引かないように住所を覚えるところから始めるといいと思います。

まとめ:筆者は上記を実践して1h5件できるようになりました

筆者は上記のことを実践して今では1h5件行けるようになりました。

(まだピーク時のみですが)

 

現金取り扱いなしで5件行けるようになったのは自分でも進歩したなーとしみじみ思ったり。

 

出前館始めたばかりで1h2件がいっぱいいっぱい・・・

という方は参考にしてみてくださいね!