アルバイト・パートの応募・採用選考を簡単に辞退する方法

 

アルバイトやパートの求人に応募したけど

自分が思っていたのとはちょっと違ったので辞退したいと考える人もいると思います

 

今回はアルバイト・パートの応募時、選考途中の辞退の方法について解説します

 

応募・選考途中での辞退について

アルバイト・パートの求人に応募して、

面接をする前に辞退したいのであれば

連絡をしなくても正直大丈夫です。

 

しかし電話で一言でも「辞退します」と

連絡を入れるのが最低限のマナーです。

 

面接後、結果が出る前に辞退したい場合は、

必ず連絡しましょう。

 

応募先は申し出がないと

面接の時の内容をもとに選考を進めていきます。

 

もし採用となると連絡がつくまでずっと連絡がきますので、

そのままバックレるというのは難しいです。

 

何よりずーっと電話がなり続けるのはイヤですよね。

 

応募先の手間にもなりますし、働く気がないのにずっと電話が来るのも嫌ですよね

 

あくまでアルバイトやパートの応募なので

辞退の連絡をしたから怒られるとか、

何か文句を言われることはありません。

 

もし言ってくるようならそんなところ行かなくて正解です。

間違いなくブラックバイトですからね。

 

「選考辞退します」の一言で済みますので、

応募先が粘ってきても、

「辞退します。失礼します。」で終わらせてもいいです。

 

行く気がないという意思表示をすることが目的なので

必要以上に長電話して気持ちが変わる前に電話を切りましょう

 

もし、名刺などをもらっていてメールアドレスがあるのであれば、

メールで済ませるのもアリです。

 

「採用します」と連絡きた後に辞退したい場合

面接に合格して採用になった後に辞退する場合は

採用を受けると伝えた、もしくは回答を保留にしているに関わらず、

必ず応募先に連絡を入れるようにしましょう。

 

あなたを採用して、他の人を落としたので

企業としては働いてもらうつもりでいます。

 

なので連絡なしで辞退しようと思っても、

何かしらの反応があるまではずっと連絡がきます。

 

面接前の比じゃないくらい電話がきますので、

連絡したほうが早く終わります。

 

上記と同じく辞退しますと伝えたからといって

何か言われるわけではありませんので、

一言、連絡を入れるようにしましょう。

 

どうしても電話で連絡したくない場合

電話で一言言うだけといってもなかなか電話で連絡できない人もいるかと思います

その場合は書面で送ってもいいです。

 

本来は直接話すのが、ベストですが、

働かないとなると正直応募した側としては

言ってしまえばどうでもいいわけです。

 

なのでバックレる人も多いわけですね。

 

しかしそんなことばかりしているとバックレ癖がついて

他の仕事をするときや就職の時にも影響が出たりしますので、

たかがアルバイト、されどパートというように、

最低限のマナーは守りましょう。

 

辞退連絡の最大の目的は

「働くのか、それとも辞めるのか」という意思を示すこと。

 

なのであまり良いことではありませんが、

書面(手紙)を一方的に送って連絡する方が

何も連絡しないより圧倒的にマシです。

 

内容は辞退願と書いて、

名前と辞退する旨を書いておけば良いです。

 

この辺りはアルバイトやパートですので、

あまり形式にこだわることはないです。

あくまで意思を示すことが大切。

 

ただし、オープニングスタッフとして応募した場合は

まだ勤務先ができてないからといって、

本社に送ることは避けましょう

 

(必ずしも応募先を管轄してる部署が本社とは限らないので、うまく意思が伝わらない可能性があるため)

 

この場合は電話連絡をするようにしましょう

書面で辞退の意思を伝えるのはオープニングではなく

すでに開店しているお店などに応募した場合のみにしましょう。

 

まとめ

バックレが癖になるとどんな仕事もバックレるようになります。

最低限のマナーとして辞退の連絡をするようにするだけでも

これからの自分の対人スキルの向上にもなりますので、

ちゃんと連絡を入れるようにしましょう。