Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【正社員登用とは?】アルバイト・パート・派遣から正社員になる方法

アルバイト・パート・派遣社員で働いている人の中には

契約社員もしくは正社員を目指している人もいると思います。

 

今回は非正規雇用から正社員になるためのポイントをご紹介します。

 

正社員登用とは

アルバイトやパート、派遣社員から正社員になることを

正社員登用といいます。

 

厳密にはアルバイトやパートなど、会社が直接雇用している

非正規社員を対象にしている場合が多いです。

(派遣社員は派遣会社が雇用し、派遣会社から派遣されている人なので、外部の人間です)

 

普段の働きや貢献度の高さを評価して、

正社員として責任のある仕事を任せたい、

会社の中でも活躍してくれそうな人に声がかかります。

 

シフトリーダーなど、

人の替えが効きにくいメンバーの中心的存在に話が来ることが多いです。

 

正社員登用には2つのパターンがあって

・社内の公開募集に自分で応募する(社内公募)

・社員から誘われて推薦してもらう(社員推薦)

 

この二つになります

では、それぞれ詳しく見てみましょう

 

社内募集に自分で応募する(公募)

アルバイトやパートを多く採用している会社は、

定期的に社内で社員を公募で募集していることが多いです。

 

非正規社員を大量に採用しているということは、

慢性的に正社員不足になっている可能性があります。

 

やる気のある人材は常に欲しいのが会社の本心であると同時に、

アルバイトやパートの人でもやる気があれば社員になれるという

仕事へのモチベーションを高めてもらうための1つの手段として社内公募があります。

 

公募に応募して採用試験を受けて、

正社員を目指します。

 

一般応募よりも、アルバイト、もしくはパートで働いていた実績があるので

採用に有利になることが多いです。

 

社内応募にはアルバイトやパートで働いているお店の社員から推薦文を書いてもらいますが、

推薦というよりは普段の働きぶりや勤務態度、その人の特徴が書かれているだけなので、

推薦文というよりは、面接で1つの資料として使う書類、紹介文だと思ったほうがいいです。

 

ただ、誰でも応募できる公募ですので、

採用率は次の社員推薦よりも低いです。

(能力が評価されているとは限らないため)

 

社員から誘われて推薦してもらう(社員推薦)

先ほどは自分で応募するタイプでしたが、

こちらは社員から「うちで正社員にならない?」と誘われて、

本部に推薦をしてもらうものになります

 

お店の社員から推薦をしてもらい、

そこから偉い社員に話を通してくれるので、

よほど何か問題ない限り、ほぼ採用されます。

 

偉い社員はさらにそこから部長クラスや、人事部に話を通してくれるので、

採用試験はいきなり社長面接、もしくは役員との面接のみになります。

 

社員登用に推薦してもらうためには

社員登用に推薦してもらうためには

アルバイトやパートとして職場で活躍する必要があります。

 

今の職場で社員になりたいのであれば

・言われたことだけでなく、考えて行動し仕事に付加価値をつける

・まわりを広く見て自分以外の人の動きも見る(フォローをする)

・職場に貢献する姿勢を見せる(残業や、人手不足の時の出勤など) 

 

これらが大切になります。

 

特に職場に貢献する姿勢を見せることは重要で

残業が必要な時は自ら進んでやる、

急な欠勤などで人員不足のときに代わりに出勤するなど

職場のためになることを態度を示すのが大切になります。

 

正社員になればこれらは当たり前にやることなので

アルバイトやパートのときからこのような態度を示すことで

社員として一緒に働ける、働きたいと思ってもらえる確率も上がります。

 

バイトだから、パートだからといって

言われたことだけやっているのでは登用の話はきません。

 

まとめ

正社員登用を狙っている人は

非正規雇用ながらも、社員に匹敵する熱意と意識の高さを示すことが大切になります。

 

正社員になりたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。