Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

正社員と非正規社員(アルバイト、パート、派遣、外注)ってなにが違うの?

正社員と非正規社員は違うとよく聞きますが、

何が違うのでしょうか?

 

それぞれの特徴を見ながら、

違いを確認していきましょう。

 

正社員とは

企業が直接雇用してる従業員で、

責任のある仕事を任されるポジション

 

仕事や行動に責任が伴う分、給与や待遇が良いですが、

その分、幅広い仕事をすることにもなるのでストレスも多いです。

 

普通社会人になるということは、

正社員になるといわれることを意味することが多いです。

 

各種社会保険はもちろんのこと、

毎年の昇給と、ボーナス支給のある会社が多いです。

(雇用形態にもよる)

 

非正規社員とは

非正規社員は正社員以外の雇用形態のことを指します。

アルバイト・パート・派遣社員はこのカテゴリに含まれます。

 

時給制のところが多く、

正社員よりも責任のない単純作業がメイン。

 

アルバイトは社会保険に入らないことがほとんどですが、

パートや派遣社員は勤務時間によって加入します。

 

ただ、最近非正規社員の扱いや、

給与未払い、社会保険に加入しなければいけないところを加入していなかったりと

いわゆるブラックバイトも問題になっていますね。

 

反対にアルバイト側も問題行動を起こしたりと、

互いに何かと話題になりやすいです。

 

責任のある正社員とは違いますから、

気持ちの軽さが影響しているからかもしれません。

 

契約社員はまた別

契約社員は社員ほど責任のある仕事をするわけではないけど、

ある程度取りまとめなどリーダー的な働きを求められる時に、

期間を定めた社員として迎えるの人を契約社員と言います。


ただ契約社員はアルバイトなどに比べて正社員にこき使われることも多く、

給料も正社員に比べて安いのが現状です。

 

補足:外注とは

外注とはいち個人事業主となって企業から仕事を受注する人のこと。

フリーランスとも言ったりしますね。

 

今まで紹介してきたのは派遣以外は社内の人間ですが、

外注は完全に外部の人間です。

 

派遣との違いは派遣会社を通さないのと、

業務が独立している点。

派遣社員は派遣先の指示に完全従うので)

 

個人事業主なので税金や経費の計算も自分でやる必要があります。

 

まとめ

雇用形態によって仕事内容も待遇も大きく変わるので、

応募の際には注意しましょう。