【最新】今さら聞けないキャッシュレス・スマホ決済サービス・電子マネーの違い・使うべきおすすめまとめ【使うメリット・デメリットとは】

この記事は

  • スマホ決済サービスとか電子マネーとかよくわからない!
  • 使うメリットってあるの?現金でいいんじゃない?
  • 使いやすいスマホ決済サービス・電子マネーのおすすめが知りたい!

このような方に読んで欲しい記事となっています。

 

最近よくニュースで目にするキャッシュレスだとかスマホ決済サービス、電子マネーといった単語。

ぶっちゃけ違いがよくわからなくないですか?

 

そこで今回は元金融機関勤めで、日頃からよくスマホ決済サービスや電子マネーを使っている筆者が、

できるだけわかりやすいようにキャッシュレスやスマホ決済サービス、電子マネーについてまとめました!

 

今さら恥ずかしくて違いが聞けない・・・という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもキャッシュレス・スマホ決済サービス、電子マネーの違いは?

キャッシュレスは現金を使わない支払い方法のこと!

キャッシュレス払いはクレジットカード払いやスマホ決済、電子マネー決済など、

現金を使わない支払い方法のことをいいます。

 

クレジットカード払いはわかると思いますが、

スマホ決済と、電子マネー決済の違いってよくわからないですよね。

今回の記事ではこのスマホ決済サービスと電子マネー決済について説明しています。

 

詳しくはこのあと解説しますが、

  • スマホアプリを使うのがスマホ決済サービス
  • タッチするカードなど、Suicaなどを使うのが電子マネー決済

とすればわかりやすいと思います。

電子マネーは残高そのもの!

電子マネーは一言で言えばチャージされている残高のこと。

Suicaや楽天Edy自体は決済サービス、中に入っている残高が電子マネーになります。

 

従来の現金、クレジットカードの利用残高に当たります。

電子マネー決済・スマホ決済サービスは電子マネーを使う手段!

電子マネー決済やスマホ決済サービスは、

チャージされている電子マネーを支払い方法として使うための手段になります。

現金払いやクレジットカード払いのような、支払い方法の1つですね。

 

Appleペイやgoogleペイなど、

交通系の電子マネー決済方法であるSuicaや楽天Edyなどの電子マネー決済を1つのアプリでまとめて使用できる

スマホ決済サービスが最近では特に便利になっています。

 

また、最近ではより気軽に利用できる、

独自のQRコード決済を利用したスマホ決済サービスも登場しています。

何かとニュースで取り上げられるのはこのQRコードを利用した決済方法ですね!

 

それぞれの決済方法の違いはこのあと紹介しています。

電子マネー決済はスマホでできる!

電子マネー決済はスマホを使わず、カードなどで電子マネーを使う支払い方法です。

Suicaなどがそうですね。

 

電子マネー決済はスマホ決済サービスの機能として使えるので、

カードを持たなくてもスマホがあれば電子マネー決済をすることができます。

 

つまり、スマホで電子マネー決済をすることをスマホ決済サービスと言うわけです。

 

先ほども触れましたが、

  • スマホアプリを使うのがスマホ決済サービス
  • タッチするカードなど、Suicaなどを使うのが電子マネー決済

とわければわかりやすいと思います。

スマホ決済サービスには2種類ある!

電子マネーを使うにはクレジットカードのような支払い方法であるスマホ決済サービス、

もしくは電子マネー支払いができるカードが必要になります。

 

そんなスマホ決済サービスには大きく2種類あります。

QRコード決済

スマホの画面にQRコードを表示させて、それをレジの人に読み込んでもらって支払いする方法。

もしくは、お店に置いてあるQRコードを読み込んで支払いをする方法になります。

(アプリによってかわります)

 

最近になって増えているのがこのQRコード決済で、

Appleペイなどと違って、アプリがダウンロードできれば端末に関係なく使用できるのが特徴。

QRコードを表示させるだけですからね。

 

逆にAppleペイやgoogleペイなどと違って、複数の電子マネー決済には対応していません。

LINEペイならLINEペイ払い、楽天ペイなら楽天ペイ払いと専用の支払い方法になります。

 

操作もレジの人、もしくはアプリが案内してくれるので難しいことはありません。

タッチで決済する方法(非接触IC決済)

おサイフケータイやSuica、PASUMOなどの交通系カードを主に使用する決済方法。

端末にかざすだけで支払いが済みます。

 

スマホ決済サービスだと、iphoneだとAppleペイ、

Androidだとgoogleペイがタッチして決済する方法になります。

(iphone7以降の端末で使用できます)

スマホ決済サービス・電子マネーを使うメリット

手数料がかからない

スマホ決済・電子マネーを使用するのに手数料はかかりません。

現金と同じように使うことができます。

現金を持ち歩かなくていい

現金と同じように使用できるなら、スマホ決済・電子マネー使う必要なくない?

と思う方もいるでしょう。

 

スマホ決済・電子マネーは現金と違って持ち歩く手間が無くなります。

極論で言えば財布を持たなくてもスマホだけ、カード一枚だけ持っていればいいのです。

スマホ一台ポケットに入れておけばカバンを持ち歩く必要もありません。

 

スマホがあればいつでもどこでもチャージできるため、チャージの手間もありません。

お釣りが出ないので精算が早い

スマホ決済・電子マネーではお釣りが出ません。

お釣りがでないからこそ財布を持ち歩く必要もありません。

 

そしてお釣りをレジの人が用意する時間が省かれるため、

レジ精算の時間が早くなります。

 

商品読み取り→スマホ読み取りで精算完了。

お金を出す手間、お釣りをもらう手間がなくなるのは地味に便利ですよ。

現金と違ってポイントがたまる

現金と同じように使えるスマホ決済・電子マネーですが、

現金よりも優れているのが使うだけでポイントがたまるところ。

 

同じ金額使うとしても、現金ではなくスマホ決済・電子マネーで支払うだけで

ポイントがたまります。

 

お手軽プラスポイントがつくならスマホ決済・電子マネーを使った方がお得です。

スマホがあればいつでも送受金ができる

スマホがあればチャージしたり、チャージしたお金を銀行口座に戻したりと、

お金の送受金がいつでもどこでもできます。

 

チャージのためにコンビニ行ったり駅に行く必要もありません。

 

また、アプリによっては友達に送金もできるので、

割り勘で支払うことも可能。

 

手間もなく、財布を持ち歩かなくても気軽に出かけられるのが

スマホ決済・電子マネーの大きなメリットになります。

スマホ決済サービス・電子マネーを使うデメリットは?

使える場所が限られる

スマホ決済はとても便利なのですが、使えるお店がまだまだ少ないのが現状。

都内をはじめとした都心では徐々に増えていますが、地方では使えないところがほとんど。

 

キャッシュレスブームで徐々に使える場所も広がっているので、

将来的にはデメリットではなくなるでしょう。

スマホ決済・電子マネー増えすぎ問題

現在、スマホ決済戦国時代といわれるくらい、

ものすごい勢いでスマホ決済・電子マネーが増えています。

 

ぶっちゃけスマホ決済・電子マネーはどれも似たようなものなので

どれを選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

違いがあまり明確でないのもスマホ決済・電子マネーのデメリットとも言えるでしょう。

 

このあとご紹介する決済サービスの選び方を参考に

スマホ決済・電子マネーを選んでくださいね。

決済サービスの選び方

ポイントの還元率・使いそうなポイントで選ぶ

スマホ決済・電子マネーの大きなメリットである、

使うだけでたまるポイント。

 

このポイントの還元率、自分が使いそうなポイントがたまるスマホ決済・電子マネーを選ぶのが、

スマホ決済・電子マネーの選び方の1つです。

 

使わないポイントをためても意味がないですよね。

自分の生活のなかで使いそうなポイントを取り扱っているスマホ決済・電子マネーを選びましょう。

使いやすいチャージ方法料金支払方法で選ぶ

スマホ決済・電子マネーは銀行口座からその場で送受信できますが、

クレジットカードをつかったりコンビニや駅でチャージすることもできます。

 

毎回送受信やチャージをするとその場で現金を支払いますが、

クレジットカードを使ったチャージはは月1回の支払い。

使うスマホ決済・電子マネーによってはクレジットカードしか使えなかったりします。

 

自分の使いやすいチャージ方法・支払い方法によってスマホ決済・電子マネーを選びましょう。

おすすめの電子マネー決済・スマホ決済サービスまとめ!

1番身近な電子マネー・決済サービスはSuica・PASUMO

交通系の電子マネー・決済サービス。

電子マネー?決済サービス?とよくわからない人でもSuicaならイメージがつきやすいのではないでしょうか。

Suicaの残高が電子マネー、「支払いSuicaで」と言えば決済サービスとしての利用になります。

 

スマホではありませんが、1番身近で利用頻度が高い電子マネー・決済サービスではないかと思います。

関東圏を中心にほとんどの人が電車に乗る際に使用していますからね。

 

最近ではコンビニをはじめ、ヨドバシカメラなどの家電量販店でも支払いに使用することができます。

 

チャージ方法
  • クレジットカード
  • 駅の券売機(チャージ対応)
使えるお店・場所
(実店舗・オンライン)
  • コンビニ
  • ヨドバシカメラ
  • 乗車券など

次はスマホで使う、スマホ決済サービスについてご紹介していきます。

 

おすすめのスマホ決済・電子マネー決済(QRコード決済)

LINEペイ

LINEペイはLINEを使った決済サービスで、

LINEの友達同士で割り勘ができる割り勘機能が大きな特徴。

 

利用履歴がLINEで確認できるのも便利です。

 

チャージはアプリに銀行口座を登録・ひも付けすることでアプリから直接チャージできます。

コンビニでもチャージできるので簡単に利用できます。

 

チャージ方法
  • 銀行口座からチャージ
  • LINE Payプリペイドカード
  • コンビニ
  • クレジットカードなど
使えるお店・場所
(実店舗・オンライン)
  • 居酒屋
  • コンビニ
  • 百貨店
  • カラオケ
  • ラクマ
  • 出前館
  • LINE STOREなど

 

楽天ペイ

楽天ペイはクレジットカードを登録してつかうため、

使った分の支払いはクレジットカードの請求として月1回まとめてきます。

 

LINEペイのように必要になるたびにチャージしないということですね。

 

楽天ペイは200円の利用ごとに1ポイント、

登録のクレジットカードが楽天カードの場合は100円の利用ごとに1ポイントたまります。

 

楽天カードを持っていてよく使う人や、楽天ポイントをよく利用する・ためている人なら、

楽天ペイ一択と言っても過言でもないレベルです。

 

チャージ方法
  • クレジットカード(後払い)
使えるお店・場所
(実店舗・オンライン)
  • 居酒屋
  • コンビニ
  • 百貨店
  • カラオケ
  • 無印良品
  • TOHOシネマズなど

 

メルペイ

メルペイはメルカリが運営しているスマホ決済サービス。

QRコード決済はもちろん、Appleペイを利用すればタッチ式の支払いもできます。

 

メルペイ最大の特徴は、メルカリでの売上金を電子マネーとして使えること。

メルカリで不用品を売って、そのお金を振込申請しなくてもそのまま電子マネーとして使用することができます。

(売上金をメルペイで利用するには銀行口座の登録が必要です。)

 

売上金以外にも銀行口座から直接メルペイにチャージすることもできます。

 

銀行口座を登録しておくと、売上金の振込申請期限(180日間)も無くなるので、

メルペイを利用する場合は銀行口座の登録を忘れないようにしましょう。

 

チャージ方法
  • メルカリの売り上げ
  • 銀行口座からチャージ
使えるお店・場所
(実店舗・オンライン)
  • イオン
  • コンビニ
  • すき家
  • かっぱ寿司
  • 牛角
  • その他飲食店など

 

おすすめのスマホ決済・電子マネー決済(タッチ式決済・IC非接触決済)

Appleペイ

AppleペイはiphoneやMACで有名なApple社のスマホ決済サービスです。

最大の特徴はAppleペイの利用料金やアプリでの課金などは、すべてクレジットカードでの支払いになります。

なので、クレジットカードの利用料金の支払いにまとめられるので、月1回だけの支払いに集約することができます。

 

また、AppleペイでSuicaやiD、QUICPayなどの電子マネー決済をApplePayのアプリ一つで管理することができます。

なので、Suica、iD、QUICPay払いに対応しているお店であればどこでもAppleペイが使えます

 

Suicaを登録しておけばiphoneをかざすだけで改札を通過できます。

 

チャージ方法
  • クレジットカード
対応電子マネー決済
  • Suica
  • iD
  • QUICPay
使えるお店・場所
(実店舗)
  • イオン
  • コンビニ
  • マツモトキヨシ
  • ENEOS
  • すき家など
使えるお店
(オンライン)
  • Safariブラウザであれば、クレジットカード経由でApplePayでの支払いが可能。
  • アプリなどの支払いにも使えます。

 

googleペイ

Appleペイは主にiphoneなどのApple製品の決済サービスですが、

Android製品でスマホ決済をするならこのgoogleペイを使うことになります。

 

タッチ式のスマホ決済なので、Suicaや楽天Edyなど、各種電子マネーでの支払いに対応しています。

各種電子マネーはアプリ上で管理が可能で、対応電子マネー決済はAppleペイよりも多い5種類です。

(楽天Edy、nanaco、WAON、Suica、QUICPay)

 

Appleペイと同じく利用料金はクレジットカードの請求としてくるので、支払いを1本化できます。

 

チャージ方法
  • クレジットカード
対応電子マネー決済
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica
  • QUICPay
使えるお店・場所
(実店舗・オンライン)
  • コンビニ
  • ビックカメラグループ
  • ヨドバシカメラグループ
  • スペースマーケット
  • バニラ・エアなど

 

まずはこの5種類だけ覚えておけばOK!

スマホ決済サービスは現在多くの種類があります。

細かく説明していけばより自分にあった決済サービスが見つかるかもしれませんが、

正直、違いなんてよくわからないし、まずは使えればいいかなと思うのであれば

  • LINEペイ
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • Appleペイもしくはgoogleペイ

この5種類を覚えておけばOK。

 

中でも、Appleペイとgoogleペイはいくつもの電子マネーを使用できるので特に便利。

まとめて管理、使用することができるので、ぜひ、覚えておいてくださいね。

 

一度キャッシュレス払いに慣れると現金払いがものすごく面倒に感じます。

スマホだけで出歩ける便利さをぜひ経験してみてくださいね!