Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【台風・地震に備える】いざという時のために最低限用意しておくべき防災グッズ・アイテムまとめ【被災対策】

地震に台風・・・最近は大規模な災害多いですよね。

いざという時に備えて防災グッズは最低限用意しておきたいところ。

 

しかし何を用意すればいいかわからない人も少なくないと思います。

そこで今回は最低限用意しておきたい防災グッズをまとめました。

用意するべき防災グッズを一覧でチェック!

Point
  • 水(500mlで用意すると便利)
  • 非常食
  • 常備薬
  • モバイルバッテリー・電池
  • 懐中電灯、ラジオ
  • ブルーシート
  • サランラップ
  • トイレットペーパー
  • 軍手
  • ガムテープ・養生テープ・マジック

水は2Lよりも500mlペットボトルで用意するのが便利。

 

一人暮らしなら500mlを4〜6本

家族分用意するなら500mlと2Lを合わせて用意するのがおすすめです。

非常食

非常食はごはんやパン、お菓子など、いくつか種類を用意しておきましょう。

災害時は食欲が落ちていることもよくあります。

 

お菓子など簡単に食べれる物から、

食欲があるときにしっかり食べれるものまで、

いくつか用意しておくのがおすすめです。

常備薬・絆創膏

頭痛薬、胃薬、腹痛の薬など、普段使っている薬を数回分用意しておきましょう。

あわせて絆創膏など救急用の道具も用意するのがおすすめ。

 

必要最低限のものがセットになっている、

救急用品セットに常備薬を入れておくと楽ですよ。

モバイルバッテリー・電池

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PSE認証済/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応 (ブラック)
Anker

現代では災害時もスマホが欠かせません。

一番はスマホのためですが、スマホの充電だけでなく、USBで充電する道具のためにも、

大容量のモバイルバッテリーを用意しておくのがおすすめ。

 

普段使いしつつ、いざという時は防災グッズとして活用できます。

モバイルバッテリーは充電タイプと電池で充電できるものの二つを用意するのがおすすめ。

 

電池はスマホの充電や懐中電灯のために必要。

特に停電などで明かりがないときのためにも、

できるだけ多く用意しておきましょう。

懐中電灯・ラジオ

停電などで明かりがないときに懐中電灯は必須になります。

ラジオはテレビやスマホが使えなくなった時のための情報源になります。

 

最近では懐中電灯とラジオが一緒になってるもの、

またモバイルバッテリーの機能がついているものもあります。

 

多機能な懐中電灯を1つ防災カバンに入れて置くだけなので簡単に用意ができます。

ブルーシート

ブルーシートは避難先でしいて使ったり、

家が雨漏りしてる時や屋根に穴が開いてしまったときなど、

様々な場面で活躍するので、一枚入れておきましょう。

サランラップ

サランラップはお皿が洗えない時にサランラップをしいて汚れないようにしたり、

いざという時には止血につかえたりと実はかなり万能です。

 

特に水道が止まったりした時は洗い物もできません。

食事をする時はサランラップをしいて洗い物を出さないことが大切です。

1本入れておくようにしましょう。

トイレットペーパー

トイレはもちろん、ティッシュのかわりとしてもつかえるトイレットペーパー。

ロールなのでカバンに入れておきやすくて便利です。

マスク・アイマスク・耳栓

避難所など多くの人がいる場所でちゃんと寝るために必要。

またマスクは防寒や、片付けの際にホコリを吸い込まないためにも重要です。

軍手

片付けなどの作業や、防寒具として使えます。

ガムテープ・養生テープ・マジック

ガムテープはいざというときの補修などはもちろん

自分のものに名前を書く時に役立ちます。

ガムテープにマジックで書いて貼れば剥がすだけで処分できます。

 

避難所など多くの人がいる場所では活躍する場面が多いです。

まとめ

以上、最低限用意しておきたい防災グッズまとめでした。

 

いざという時に備えて最低限、できる限りの用意をしておきましょう。