Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【すぐ辞めれる】面倒なく簡単に辞めれる!アルバイト・パートの辞め方【会わなくても大丈夫】

 

この記事は

  • 今すぐアルバイト・パートを辞める方法を知りたい!
  • 後に問題を残さないようにキッパリ辞めたい!
  • バックれじゃくても、誰にも会わないで辞めたい!

このような悩みがある人に読んで欲しい記事になっています。

 

アルバイトやパートはいつでも辞められる反面、

いざ辞めようと思ってもどのようにすれいいかわからないと思います。

 

働き始めたはいいものの、

人間関係、雰囲気、サービス残業当たり前など、

合わない場合はすぐにでも辞めたいですよね。

 

今回は筆者が実際に行ってきた、会うこともなく、すぐにでも辞められる、

アルバイト・パートの辞め方をご紹介します。

辞めグセがつくからバックレはやめたほうがいい

前提としてバックレは良くないです。

 

当然、勤務先に迷惑がかかるのですが、

正直辞める側にとってはどうでもいい話なのでバックレる人も少なくないのが現状です。

 

しかしバックレばかりしていると

「どうせめんどくさくなったらバックレればいいや」

という考えになってしまうので辞め癖がついてどこも長続きしないでしょう。

 

また、辞め癖がついてる人は面接慣れしてる人からみてると

態度や表情、話し方でなんとなくわかるので採用されにくくなるかもしれません。

 

バックレは、働き先に迷惑がかかるというよりも、

自分に跳ね返ってくるデメリットの方が多いです。

 

法律上では2週間前に辞めることを伝えてあれば問題ありません。

(民法第627条)

ウソでもなんでもいいので理由を用意しよう

家族に介護が必要になった、入院することになったなど、

理由をつけて「今日で辞めます」と言っても納得してもらえれば辞めることもできます。

 

ぶっちゃけ、ウソでもいいから理由を用意しましょう。

相手に確かめる方法はありませんからね。

むしろ、アルバイトやパートの辞める理由をいちいち確かめていたらキリがありません。

 

なんでもいいので理由を言えば訴えられる可能性もほぼありません。

 

もちろん、即日辞めれば可能性はゼロではありませんが、

バックレの方が訴えられる可能性は高いです。

 

しかし、バックれて勤め先に損害を与えたことを証明するのは難しく、

裁判する方が時間もお金もかかるので、訴えないのがほとんど。

その間に新しく人雇って教育して、業務の効率をあげたほうがいいですからね。

 

何十件もアルバイト・パートを経験した筆者の感覚としては、

辞めると伝えてから連絡が来ることはほぼありませんでした。

 

辞めることを伝えるのは直接会わなくても

一言電話で言うだけ、なんなら職場に書面で退職願を送ってもいいです。

 

アドレスやLINEを知ってるのらメッセージで伝えるだけでもOK。

相手に辞める意思を伝えることが大切です。

 

辞めるか辞めないかはっきりせず、

宙ぶらりんの状態が何回も連絡が来ますし、一番こじれます。

 

企業のためというよりは自分のためにバックレはしないようにしましょう。

アルバイト・パートを辞めるときの流れ

アルバイト・パートを辞めるときの流れは

  • STEP.1
    2週間前に辞めることを伝える
    伝えた相手、日時、場面や内容をメモしておく
  • STEP.2
    2週間後に退職
     伝えてあればシフトに入っていようが関係なし
  • STEP.3
    ユニフォームなどの備品があれば返却する
     郵送でも可

このような流れがおすすめ。

辞めるときに一番大切なのは2週間前に言うこと。

法律で決まっていることですので必ず守りましょう。
(民法第627条)

辞める2週間前言えばOK

もし勤務先のことを考える余裕があるならば1ヶ月前に言うのがベストです。

 

しかし辞めるときにそんな余裕がなければ少なくとも2週間前に言えば問題ありません。

言ってあれば2週間後に勝手にシフトに入れられていようが出勤する必要はありません。

 

とぼけるような可能性があるのであれば、

退職願を2通用意して1通渡して、1通自分で保管するのも1つの手。

(本来勤務先からハンコかサインをもらえるといいですが、くれるところは少ないので日時だけは忘れずに書いておきましょう

 

履歴が残るメールやLINEで伝えるのもおすすめ。

 

実際に辞めることを伝える際は、

  • 辞めることを言った相手
  • 日時
  • シチュエーション

はメモするなどして覚えておきましょう

(どうやって伝えたかなど)

ユニフォームなどの備品はすぐ返却・郵送でもOK

また、ユニフォームなどの借りてた備品は退職後すぐに返却しましょう。

辞めることに何かしら文句を言いたい人もいますので

後で面倒くさくならないように辞める日に返すか、洗う必要があるなら郵送で送ってもいいです。

 

筆者の経験ではお金はかかりますが、郵送で送りつけたほうが楽で面倒も少ないです。

 

辞めた後、連絡がくる可能性のある用件は早めに済ますことが大切です。

もう辞めて関係なくなる先といつまでも関わっていても、お金になりませんからね。

最低限の手続きだけして、次のステップへ進みましょう。

すぐに辞めたい場合は?

2週間以内に辞めたい場合はそれなりの理由が必要になります。

例えば

  • 家庭の都合でしばらく働けなくなった(家族が病気になり、世話をしなくてはいけない等)
  • 自分自身が病気やケガで長期入院することになった
  • 親や親族の介護が必要になった

プライベートかつ詳細を聞きにくいような理由だとすでに入っているシフトは休みにしてもらえて、

そのまま月末で退職など早く辞めることが可能。

勤務先の人も人間なので、情が移りやすい、同情されるような理由がおすすめ。

 

難しい病気など治療が長引くものを理由にした方が説得しやすいです。

(軽いものだと辞められず、休み扱いになる可能性があるため)

 

本当のところはどうであれ、

辞めること優先であれば別に事実ではなくても、理由は別に作ってもいいのです。

家庭の事情は証明しようがないし、追求しようがないですからね。

 

本人なら診断書の提出を求められる可能性がなくもないですが、

家族の診断書を出せ、と言ってくる会社はほぼありません。

 

心配されつつ、文句も言われず雰囲気良く辞められます。

(嘘をつくのであれば自分の良心が痛むかもしれませんが・・・)

 

ちなみに私はこれらの理由を使って辞められなかったことはありません。

病気やケガを理由に辞める場合は診断書の提出を求められたらどうしようと思うかもしれませんが、

診断書を出せと言われたこともありません。

 

アルバイトやパートは非正規雇用なので診断書まで求めてくるところは少ないです。

数多くのアルバイト経験しましたが、一回も求められたことはありません。

診断書を求められることは基本ない

病気で辞めると言ったからと言って、

診断書を提出しろと言われることは基本ありません。

 

もし診断書を求められても

「辞めたあとになると思いますが、後日郵送させていただきます」

と言っておきましょう。

 

辞めたあとなら別に送らなくても、もう関係者じゃありませんし、

企業側も辞めた人には、関心がありませんので、

送らなかったからといって何か言われることもありません。

 

よほど暇な企業でない限り、ですが(

社会保険・雇用保険に入っている場合

雇用保険に加入している場合はちょっと厄介なのですが、

次の会社に提出するために雇用保険被保険者証を辞める会社から手に入れなければいけません

 

社会保険に加入してもらった保険証は郵送で送るだけなのですが、

雇用保険被保険者証は会社で手続きしてもらって送ってもらう必要があります。

 

次の職場は早めに雇用保険被保険者証を提出してもらい、ハローワークに提出する必要があるのですが、

職場によっては手続きを全然してくれないなんてことも。

 

手続きしたかどうかは前の職場に直接電話して確認、気まずければハローワークで確認することもできます。

 

もし、いつまでたっても手続きしてもらえないようであれば、

ハローワークから前の職場に連絡がいきますので、その結果を待つ必要があります。

 

前職の手続きさえ終われば、雇用保険はさかのぼって加入できますので安心してくださいね。

もし、手続き済みで手元に雇用保険被保険者証がない場合はハローワークで再発行できます。

保険証の資格喪失証明書は自分で手に入れられる

アルバイト・パートをやめて社会健康保険もやめた場合、

国保に加入するためには「健康保険資格喪失証明書」というものが必要になります。

 

保険証を返却した後、会社がちゃんと手続きしてくれて入れば、

喪失届をもらっていない・郵送してくれない場合でも自分で手続きすれば手に入れることができます。

 

手続きの方法はこちらの記事をご覧ください。

【保険証返却後でもOK】健康保険資格喪失証明書の手続き方法・国民健康保険(国保)の手続き・切り替え方法を解説

まとめ:働きにくければ早めに見切りをつけよう!

アルバイト・パートは実際に働いてみないと実情が見えてこない場合が多いです。

ブラックで働きにくい勤め先は早めに見切りをつけて、いいところが見つかるまで探すことができるのもアルバイト・パートのメリットです。

 

もし、雇用形態にこだわりがなく、働きやすい環境を求めているのであれば、

仕事と生活の両立、ワーク・ライフ・バランスを大切にしている会社の多い、はたらいくで仕事を探してみてはどうでしょうか?

 

登録・利用料は無料で、正社員だけでなくアルバイト・パートなどの非正規の求人もあります。

学歴や職歴よりも人柄重視の採用が多いので、働きやすい環境を探してる方はチェックしてみてくださいね。