Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アルバイト・パートの受かりやすい志望理由の書き方

アルバイトやパートに応募する時って

志望理由をどう書くか悩みませんか?

 

今回は志望理由の書き方についてまとめます。

志望理由の書き方

アルバイトやパートの志望理由は就職活動で書くようなしっかりしたものは必要ありません。

 

企業側もアルバイトやパートに応募してくる人はお金が必要だから応募してきている事はよくわかっています。

 

なので「貴社の企業理念に大変共感して〜」とか大げさな志望理由ではなく

お金が必要な理由と、なぜその応募先がいいのか、選んだ理由を簡単に言えれば十分です。

志望理由の例

では、受かりやすい志望理由とはどのようなものなのでしょうか?

実際に使用して合格した実体験を基にご紹介します。

例:生活費を稼ぎたい

一番無難な理由ですね。

 

これに加えて

「学校から通いやすく、この仕事に興味がある」とか

飲食系なら「好きな食べ物である〇〇に関わりながら稼ぎたい」など

その仕事に興味があって、知りたくて選んだという事を言うようにするといいです。

 

経験者であれば

「違う職場でスキルを活かしてみたかった」

「同じ業界、職種でも違う職場を見てみたくて、とても魅力的だったので応募した」など

経験者だからこそ興味があるんだなと思われる志望理由の書き方がおすすめ。

 

いずれにせよ

なんで興味を持ったのか、面接で掘り下げられても言えるようにしておくのが大切。

例:通いやすいため

面接を多く受けていく中での感触として、

「学校や家から通いやすい」という理由も結構反応がいいですね。

 

アルバイトやパートの採用側も経験したのでその観点から言うと

企業側としてはできるだけ多い日数、長い時間働いてくれる人を採用したいと思います。

 

その点から勤務先まで通いやすい人だと、頻繁に働きに来てくれる可能性が高くなりますから

交通の便がいい人は応募先に好まれます。

 

電車を使って乗り換えたりして通わなければいけないバイト先、パート先って

通うだけでもちょっとめんどくさいと思っちゃいますよね。

 

家からあまりにも遠いと「めんどくさくなったからバックレよう」なんて考えになりやすいため、

あまりにも通勤に時間がかかるような人はちょっと渋い反応をされるかもしれません。

 

逆に通学でも通らない、家からも遠いような場所、

わざわざ通ってでも働きたい場所のアルバイトやパートに応募することもあると思います。

 

その場合はなんで興味を持ったのか、どうしてそこでなければいけないのか

納得出来るだけの理由が必要になります。

 

例えば

「このブランドが好きで、どうしても働きたい」とか

「このカフェのコンセプト、雰囲気が好きで更なるお店の発展に貢献したい」など

 

そこでなければいけない強い理由が必要になります。

例:貢献できると考えたため

「お金を稼ぎたい」「通いやすい」

これらはあくまで自分(応募者側)の一方的な意見です。

 

アルバイトやパートになかなか受からない人に多いのが

自分のことばかり主張して、企業側に採用する価値、メリットを感じさせていないということ

これが本当に多いです。

 

応募者のどんなところが勤務先に貢献できるか

給与というコスト、金を払う価値はあるのか見たいのは当然ですよね。

 

なので志望理由に自分のどんなところが応募先に貢献できるのか

これを書いておくと内容によってはかなりの好印象になります。

 

例えば、

「力に自信があるので重いものを運ぶのは任せてください」

「整理整頓が得意なので仕事場をきれいに保つことで業務効率を下げないようにできます

片付けて元に戻すだけでなく、改善をしてより業務効率が上がるように働くことで貢献できると考えています

 

このように応募先の企業に「使える」「採用するメリットがある」

と思わせることができれば採用率はかなり高くなります。

 

実績や、高度なスキルがあるなんて主張ができなくても問題ないです。

正社員ではありませんから、

等身大の背伸びしすぎない謙虚で真面目な姿勢がアルバイトやパートの採用では好まれます。

 

ここでNGなのが

「採用されたら売上をあげて貢献したい」と言い切ること。

 

非正規にそこまで求めないですし、

なにより学生であれば売上をあげる戦力としては全く期待してません。

「なに自惚れてるんだか」と切り捨てられるだけですので注意しましょう。

ネガティブな理由はダメ

たまにいるのですが、

「前のアルバイト先の給料が良くなかった」

「人間関係が悪かった」

「サービス残業ばかりでブラック企業だった」

 

これらは本当だったとしても言わないほうがいいです。

面接でいきなり悪口や、ネガティブなことを言う人と働きたいと思いますか?

 

少なくとも企業側そんなことありませんので

辞めた理由は「スケジュールが合わなくなったため」としておくのが無難です。

まとめ

アルバイト・パートによって魅力や応募したい理由は様々です。

上記の内容を踏まえた上で応募先の特徴を加えていけば、受かる志望理由が書けると思いますので試してみてくださいね。