Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あおり運転ってどんな内容・行為を指すの?元社長秘書の運転手に聞きました

現在大きな社会問題になっている「あおり運転」。

あおってる自覚はなかったとかいってる人もいますが、実際どんな行為があおり運転になるのでしょうか?

 

今回は元社長秘書として社長車の運転をしていた、

一般の人よりも運転の経験がある筆者の知人に、

実際の経験からあおり運転とはどういうものを指すのか、インタビューしてきました。

 

以下、聞いた内容をまとめますので、

あおり運転とはこういうことなのかと、参考にしてみてくださいね。

異常に接近する(後ろにつける・幅寄せ)

あおり運転で一番見かけることが多いのではないでしょうか。

「そんな接近する意味ある?」と思うくらい近づいてくる車は多いですよね。

 

多くの場合はスピードが遅いからもっと早く走れ!

という意味で接近します。

近づいてくると圧力を感じて離れるためにスピードを出さざる終えませんからね。

 

圧力を与える時点で十分なあおり運転です。

無理な割り込み

十分な車間距離もなくギリギリで急に前に入ってくる車も多いですよね。

急な車線変更、割り込みは立派なあおり運転です。

 

前に入られた車のドライバーはそう感じて逆上するかもしれませんからね。

特にスピードが出てる場面ではとても危険です。

 

俺の前に入ってるんじゃねぇ!と謎のプライドで前に入り直す時に無理な割り込みは起きやすいです。

あとは急いでてすこしでも速い、流れてる車線に入ろうとこまめに車線変更をすると無理な割り込みになりやすいです。

 

そんなこまめに車線変更してもスピードは変わらないのにね。

できるだけ車間距離を詰めすぎないようにゆとりを持って運転しましょう。

 

車間距離を詰めすぎると今度は前の車に対するあおり運転になりかねませんからね。

センターラインをまたいで走る

センターラインや車線変更の線をまたいで走るのはあおり運転です。

車線をまたがれると両方の車線の車に迷惑をかけるし、

通り抜けれないから詰められてる感じがして圧力を感じますよね。

 

普通の人なら車線をまたぐって発想すら浮かびません。

車線をまたいでる時点でやばい人が運転してるのはほぼ確定なので、

急いで離れるようにしましょう。

蛇行運転

右へ左へうねうね蛇行する車はかなり危ないです。

対向車線にはみ出すなんて危険でしかありません。

 

蛇行してる時点で十分あおり運転なのはわかると思いますので、

急いで離れるようにしましょう。

ウインカーを出さない

ウインカーを出さずに車線変更や右折、左折をする車って見かけませんか?

急に車の進路が変わるのはかなりの危険行為。

後ろの車からしたらあおり運転にしか感じません。

ウインカーを出さずに進路変更したことに逆上してより危ないあおり運転をする車がいるかもしれません。

 

大阪などの関西圏ではウインカーを出さないのが当たり前みたいな風潮がありますが、

普通に考えて危ないです。

みんなやってるから私もやってるなんて子供の理屈は通じません。

 

ウインカーを出して進路変更するのは教習所で習うことで法律で決まってます。

それができないなら免許証持てないはずなんですがね・・・

 

良識あるみなさまはちゃんとウインカーを出して進路変更してくださいね。

急加速・急停止

急加速・急停止は危険な運転。

その車の近くにいる車からしたらあおり運転です。

 

最近は急加速で対象の車に追いついて急停止や徐々に速度を落として、

車を止めるなんて危険行為をよく報道されていますが、

高速道路で止まるなんてありえないですよね。

一般道でも危険なのに。

 

急加速・急停止は他の車からしたら脅威に感じる危険なあおり運転です。

あおり運転をされないためには

あおり運転をされないためには、自分が上記のようなあおり運転と思われないような運転はしないのはもちろんですが、

どんなに普通に運転しててもあおってくるアレなドライバーは必ずいます。

 

そのためにはやりすぎてもやりすぎじゃないくらいの対策が必要です。

  • 車間距離は多めに開ける
  • 急な割り込みはしない
  • 車線変更の際は後方から飛ばしてくる車が来てないか確認する(急に割り込んで来たと思われる)
  • ウインカーは早めに出す
  • ドライブレコーダーは必ず搭載する

などの対策をしましょう。

 

もし、あおり運転に遭遇してもドアを開けたり窓を開けたりしてはダメです。

全部ロックして止まった・止められたらすぐに警察に通報するようにしましょう。

まとめ

以上、あおり運転がどんなものかわからない人にもわかるようにあおり運転についてまとめてきました。

常識ある普通の人ならやらないことばかりですよね。

逆にこれらの行為があおり運転に感じないのであれば相当やばいと思った方がいいです。

 

今回はあおり運転が少しでも減ればいいという思いからこの記事を執筆しました。

上記のような運転行為をしていた自覚がある人はこれからはしないようにしてくださいね。

 

また、これらの運転行為に遭遇した場合はこのあと何が起こってもおかしくありません。

十分注意しましょう。